ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社エイアンドピープル 代表取締役社長 浅井 満知子

― 「ワークライフバランス」の実践も強調されていますね。

 私たちの業務は専門性・利益・人財をバランスよく管理する能力です。

 家事や育児のために、築いてきたキャリアを捨てるのではなく、高いプロ意識を持って働き、そのキャリアを築きながら、その管理能力を子育て、家庭、コミュニティ、プライベートな時間も活かしながら、すべてを充実させてほしいと思いますし、その実現は可能だと思っています。社員にはよく「もっと欲張りに生きていいんだよ」と話していますが、そんな欲張りな女性たちの増加が、日本という国を元気づけるきっかけになるのではないでしょうか。私にとっての社員は、利益を生むための道具ではなく、会社を成長させてくれる財産です。「専門性、利益、そして人財」起業してからずっと、このトライアングルのバランスを意識して経営してきました。

― 最後に今後のビジョンをお聞かせください。

 企業活動のグローバル化に加え、日本の株式市場の約6割を外国人投資家が占める状況から見ても、翻訳に対するニーズは高まっていくはずです。ただ市場を俯瞰すると、大きなパラダイムシフトが起きているのも事実です。翻訳とは無縁だったIT企業が、クラウドを使って翻訳サービスを展開するようになり、AI(人工知能)の進化によって自動翻訳のレベルも上がっていくはずです。翻訳会社だけが競争相手という時代は終わったといってもいいでしょう。そんななかでエイアンドピープルの存在意義をどう強調していくか。差別化の一つのポイントがプレイン・イングリッシュだと確信しているので、当面はここに注力しながら、その先の変化にも備えていきたいと思います。

 そして、グローバル・コミュニケーション力を活かし、海外の市場も視野に入れた化粧品事業を2012年からスタートしました。自分の肌トラブルの経験を活かし、働く女性たちが、ずっと輝いていられるように、従来の化粧品業界の常識にとらわれず異なる発想で「厳しいビジネスの世界で歩んできた女性による、臨床結果に基づいたシンプルケア」の発想で、生まれた自社ブランドは、特に宣伝をしているわけではないのですが、口コミで評判が高まり、海外からもお問合せをいただいています。

 プロとして働いて内面を磨くことも大切ですが、健康的でみずみずしい肌を維持することも女性にとっては大切な要素です。そんな働く女性像を、提案できる存在でありたいとも思っています。

■ 浅井 満知子 (あさい まちこ)

群馬県生まれ。IT企業を経て翻訳会社へ勤務。在職中、青山学院大学に進学して経営学を学び、「起業を強く意識するようになる」。1998年、有限会社エイアンドピープルを設立、2000年に株式会社化。翻訳や通訳、それに付随する異文化コミュニケーションビジネスを中心に事業を展開している。2012年には働く女性のための化粧品「MACHIKO」ブランドを立ち上げた。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • シダックス株式会社

    志太 勤
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋
  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦

プロフィール

  • お名前浅井 満知子
  • お名前(ふりがな)あさい まちこ
  • 出身群馬県
  • 趣味ゴルフ、仕事
  • 両親の職業教師
  • 好きな食べ物野菜
  • 好きな言葉前向き、継続は力なり
  • 好きな作家宮田輝
  • 好きなスポーツゴルフ
  • 好きな芸能人ビートたけし
  • 好きな俳優ゲーリーオールドマン
  • 好きなミュージシャンエリッククラプトン
  • 思い出に残るプレゼント輪島塗の小物入れ
  • いま欲しいプレゼント客船での旅
  • もし生まれ変わったら?再度、自分
  • 過去に戻れるならいつ?会社設立当初
  • 好きなお花ひまわり
  • 好きな漢字一文字
  • 出身校青山学院大学
  • 今日の財布の中身22000円
  • 飼ってるペット