ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社エイミングポイント 代表取締役 松原 弘之

株式会社エイミングポイント 代表取締役 松原 弘之

「お客さま目線」のPMO・SESサービスで、プロジェクトを成功に導く

組織のプロジェクトマネジメントの品質向上と、個々のプロジェクトをスムーズに運営するために必要とされるPMO(Project Management Office)。テクノロジーの進化とともに、特にIT関連のプロジェクトは大型化、複雑化が進んでいるが、株式会社エイミングポイントは、経営に近いマネジメントと技術力を背景にしたPMO、そしてSESを事業の中核に据えている。PMOを中心に市場の現状、同社の強み、そして今後について、代表取締役の松原弘之社長に聞いた。

― 最初に、事業について聞かせてください。

 大きく2本の柱があり、1点目はPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)、2点目はSES(システム・エンジニアリング・サービス)です。ITにまつわるプロジェクトの推進、システム開発などが主戦場ですが、どちらの領域でもモットーとしているのが「お客さま目線」。というのも、この領域はどうしてもテクノロジー・オリエンテッド、技術者目線でものごとを考えがちなのですが、そこに固執するあまり、お客さまの真の目的が置き去りにされては意味がありません。PMOとして全体を俯瞰しているときも、SESのサービスを提供するときも、つねにお客さま目線のゴールを意識しています。

― PMOをとりまく現状を松原社長はどうお考えになっているのでしょうか。

 背景を少しお話すると、このところ、お客さまのビジネス拡大に伴いITインフラの資源を拡充する一方、インフラ資産の維持管理コストの削減など、さまざまな業種業態でエンドユーザーのベネフィットや企業のプロフィットを最大限に満たすためにITを中心としたプロジェクトが進行しています。技術進化のスピードは速くなり、導入済みのハードやソフトなどの製品のライフサイクルは短くなる一方、要求されるビジネスを満たすためのITシステムを導入するプロジェクトは大型化し、コンサルティングファームやSIベンダーを始めとして、アウトソーシングされる会社の規模もメンバーの雇用形態も多様化、プロジェクトが複雑化するなかで、一人のPM(プロジェクトマネージャー)がプロジェクト全体を把握するのは難しくなっています。そうしたなかで進捗や課題、リスクを可視化し、全体整合をとりながらPMの意思決定、管理プロセスをサポートするPMOが注目されるのは当然だと考えています。

― エイミングポイントのPMOサービスの特徴はなんでしょうか。

 管理企画と技術両面のサポートが可能なことです。そもそも、一般的なPMOの仕事はプロジェクトの管理・調整・推進をしていくこと。人やコストを含めてよりマネジメント的な視点が求められることは確かです。しかし、プロジェクトによって関わり方もさまざまで、単にマネジメント・管理系でのサポートが求められる場面もあれば、計画の立案や推進の支援、また、大きなプロジェクトになると複数のSIベンダーとの調整なども求められるケースもあります。つまり、マネジメントのスキルだけでは、対応できるプロジェクトに限界があります。現場での幅広いニーズに臨機応変に対応していくには技術的な素養ももちあわせていることが必要です。私は元々SEとしてキャリアを積んでおり、さらに現場で実践的なマネジメントスキルを蓄積しているため、管理のみ、技術のみではなく、どんなニーズにも応えることが可能だと自負しています。ここが当社の特徴であり、大きな強みだと思います。

著名経営者

  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • シダックス株式会社

    志太 勤
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎

プロフィール

  • お名前松原 弘之
  • お名前(ふりがな)まつばら ひろゆき
  • 出身神奈川県
  • 身長180cm
  • 趣味アメフト観戦、食レポ
  • 座右の銘一期一会
  • 好きなスポーツアメリカンフットボール
  • 休日の過ごし方妻、子ども、犬と家で過ごす
  • 好きなお酒の銘柄金宮
  • 好きな漢字一文字
  • 出身校法政大学
  • 飼ってるペット犬(ラブラドールレトリーバー)