ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社エイチーム 代表取締役社長 林 高生

― チームワークを強化する仕組み、合理的かつ高い目標へのチャレンジ、成長市場への集中投資。この3つの要因が、現在の成長につながっているのですね。創業時から経営は順調だったのですか。

 いいえ。これまでは厳しい道のりでした。とくに、創業から6年間は本当に大変でしたね。

 当時のエイチームは、知名度もなければアピールすべき経営理念もない。集まってくれたのは、社会人として未熟な人材でした。たとえば、始業時間は10時なのに、16時に出社してくるんです。

 当時、事業は携帯サイトの受託制作がメインでしたが、納期が非常に短かった。「クレームを受けたくないから」と、スタッフが電話に出ない。組織も事業も負のスパイラルに陥り、スタッフが疲弊してしまいました。このままではいけないと一念発起したんです。

― どのようにして会社を変えたのですか。

 きっかけは2冊の本との出会いでした。1冊目は『非常識な成功法則』という本。「夢は紙に書くことで実現できる」といった内容で、実際にそれを実践しました。書いた内容は「2年以内に売上を10倍にする」「下請けをやめて、自社のサービスを作る」のふたつです。その目標をどうしたら実現できるのか――。その当時に思いついたアイデアを具体的に紙に書いて、目標を細分化しました。そのなかのひとつにあった「携帯電話向けゲームを開発する」が、無事に成功して下請けから脱却できました。

 2冊目は、『「仕事ごころ」にスイッチを!』というビジネス書。事業面では軌道に乗り始めたのですが、社内の雰囲気はそれほど良いわけではなく、私自身マネジメント経験もなかった。組織づくりについて、非常に悩んでいた時期に出会った本です。

 内容は「必ず打ち上げをやる」「相手をねぎらう」「相手の良いところをほめる」といったものでしたが、すがるような思いで書かれていることを徹底的に実践したんです。最初は、スタッフのみんなも恥ずかしそうでしたが、雰囲気も徐々に良くなり、現在のエイチームの「お互いを認め合う」という風土の元となっています。

― そのころから、一気に成長路線へ進んだんですね。

 いいえ。思わぬ落とし穴が待っていました。社員の裏切りにあったんです。ある社員がゲームの重要なプログラムを盗み出し、起業準備をしている事実が発覚。別のゲームプログラムも盗んでいたことがわかり、解雇しました。

 創業から苦労した6年間を経て、「これからすばらしい会社がつくれる」「働く人が幸せになれる」と思っていた矢先の事件でした。この事件をきっかけに、現在の経営理念である「みんなで幸せになれる会社にすること」が生まれました。この経営理念に共感し、新しく入社してきたスタッフたちの活躍によって、100人体制へ急拡大しました。しかし、今度は企業成長のスピードに役員のマネジメントが追いつかなかった。彼らの意見がバラバラで、現場が機能不全になったんです。

― どうやって困難を乗り越えたのですか。

 解決のヒントは、あるテレビ番組でした。人ごみの交差点で、ひとりがある方向に指をさしても誰もその方向を見ない。しかし、3人が指をさすと、つられて多くの通行人が見るようになる。いわゆる、同調行動の実験でした。

 これは反射的な行動ですが、人間の本質をついている。マネジメントに活かせると思いました。会社の方向性に対する想いを役員が同じくして、私と一枚岩になれば、現場の混乱を解決できると判断。経営陣の入れ替えを行い、私と経営方針を共有できる2名を新たな役員に選出しました。

著名経営者

  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • エン・ジャパン株式会社

    越智 通勝
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦

プロフィール

  • お名前林 高生
  • お名前(ふりがな)はやし たかお
  • 出身岐阜県
  • 身長172cm
  • 体重64kg
  • 平均睡眠時間6時間
  • 趣味ラジコン
  • おススメ本『69 sixty nine』村上 龍(著)
  • 今までに訪れた国6ヵ国
  • 座右の銘お互いを認め合うこと
  • 尊敬する人両親
  • 好きな食べ物たまご
  • 嫌いな食べ物すっぱいもの
  • 今日の財布の中身いつも大体6万円