ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社エイチーム 代表取締役社長 林 高生

― その後、2012年にリリースした『ダークサマナー』が世界的にヒットしました。なぜ、ユーザーから高い評価を得られたのですか。

 海外市場を意識した作品だからでしょう。開発当初からカナダ人のスタッフをプランナーとしてチームにくわえ、欧米のユーザーが好むゲームテイストに。これまでにないチャレンジで、世界で約700万ダウンロードされる作品ができました。

 もともと、海外に進出したい想いはありました。スマホは世界統一のプラットフォーム。私たちのゲームを世界にアピールするチャンスですからね。

― グローバル市場において、日本のゲームメーカーの強みはなんでしょう。

 ケータイでゲームをする文化が、世界に先がけて浸透していることでしょう。日本は2001年から、携帯電話でゲームアプリを提供。キャリアが代理徴収する課金制度をつくりました。その仕組みは、世界中の人がスマホでゲームをするようになっても変わっていない。ガラケーのゲームで培った日本発の仕組みを、スマホでも活用できるんです。

 たとえば、小さな画面でいかに遊びやすくつくれるか。そして、どうすれば長い期間で遊んでもらい、課金につながるかといったユーザー動向分析のノウハウが養われました。

― 今後の事業戦略を教えてください。

 世界市場に挑む方針は変わりません。いままでのターゲットは北米でしたが、東アジアや欧州にも進出したい。スマホ市場で、世界的に有名なゲームメーカーになることを目指します。

 ただ、開発は海外で行いません。現地採用をすると、彼らの価値観でつくってしまう。『ダークサマナー』に対する世界の評価で、当社の開発力が世界に通じるという自信がつきました。そのノウハウを活かしていくつもりです。

― ベンチャーへの就職や起業に関心のある学生にメッセージをお願いします。

 最初に描いたビジネスモデルが、そのままうまくいくことはありません。でも、あきらめないでください。「やりとげる」という強い意思で、多角的にアプローチすればいいんです。私も高い目標を掲げましたが、強い想いがあったから達成できた。そこで挫折するなら、本当にやりたいことじゃないんです。

 頭だけで考えていたら、失敗します。強い心でビジネスに挑む。そんな信念を持った若い人が、たくさん現れてほしいですね。

■ 林 高生 (はやし たかお)

1971年、岐阜県生まれ。中学卒業後、新聞配達やビルの窓清掃など、20代前半までさまざまなアルバイトを行う。1994年、23歳でプログラマーとして独立。1997年、個人事業でソフトウェアの受託開発を開始し、2000年に有限会社エイチームを設立。2004年に株式会社に組織変更。2012年4月に東証マザーズ上場後、わずか233日で東証一部へ市場変更を行い、注目を集めた。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • 株式会社壱番屋

    宗次 德二

プロフィール

  • お名前林 高生
  • お名前(ふりがな)はやし たかお
  • 出身岐阜県
  • 身長172cm
  • 体重64kg
  • 平均睡眠時間6時間
  • 趣味ラジコン
  • おススメ本『69 sixty nine』村上 龍(著)
  • 今までに訪れた国6ヵ国
  • 座右の銘お互いを認め合うこと
  • 尊敬する人両親
  • 好きな食べ物たまご
  • 嫌いな食べ物すっぱいもの
  • 今日の財布の中身いつも大体6万円