ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社オステラ 代表取締役 永井 信之

株式会社オステラ 代表取締役 永井 信之

「IT×教育×コミュニティ」で美容業界を変革したい

かつて美容師は「先生」と呼ばれ、子供たちの憧れの職業だった。しかし、現状はどうだろう。世界トップレベルの技術力をもちながら、「待遇・労働環境が悪い」と、いつの間にか職業としての魅力が薄れていってしまっている。この美容業界に「IT×教育×コミュニティ」という切り口で変革を起こし、復権させようとしている経営者がいる。「一般社団法人永井塾」を主宰する株式会社オステラ代表の永井氏だ。そのビジネスモデルが生まれるまでの苦労や、今後のビジョンを聞いた。

― 事業内容を教えてください。

 美容関連分野を事業領域のコアにおいています。具体的には大きく3つ。1つ目は株式会社オステラで展開しているヘアケア商品の製造事業です。ここでは、日本最大のコスメ・美容の総合サイト「@cosme(アットコスメ)」で、2015年の口コミランキング(トライアルキット部門)1位を獲得したブランド「№06can(ロッカン=第六感)」などの自社ブランド名でヘアケア商品や化粧品の企画開発、販売を手がけています。

 2つ目は、グループ会社である株式会社ロフィシェルで展開している美容総合商社・ディーラー事業。ここでは美容関連商品の卸売業を担っています。そして、3つ目。オステラグループとして、いま最も力を入れているのが、2016 年6月に立ち上げた一般社団法人永井塾で運営している教育事業です。

― 永井塾ついて詳しく教えてください。

 美容師に特化した教育事業です。受講生はカットからパーマ、シャンプー、カラー、セット、フィニッシュワーク、メイクをはじめとする基本技術はもちろん、ヘッドスパ、特殊メイク、まつ毛エクステンションなども学びます。さらに毛髪化学から毛髪理論、まつ毛理論といった抽象的な分野から、商品販売スキルを上げるなど実践的なものまで、多彩なカテゴリーを受講することが可能です。

 また受講生は、それぞれの立場に応じて自らカリキュラムを組み合わせて選択受講することもできます。網羅的でありながら、ピンポイントでの技術習得も可能なのです。そのため現役美容師の技術力の向上はもちろん、美容室のオーナーやアシスタント、美容師を目指す学生、現場から離れた資格保有者(潜在美容師)など幅広い層が受講しています。

― ほかの美容師向け教育との違いはなんでしょう。

 「美容師の意識改革」に重点を置いていることです。技術などの「やり方」だけではなく美容師としての「在り方」を変えていくことを重視しています。たとえば、求心力が身につく「タレントになるアカデミー」。自分の個性を発揮するための「自信と提案力を身に付ける」。ほかの美容師がやっていないことにチャレンジしたくなる「意識と視野を変える」など、内面を磨いていくためのカリキュラムがあります。

 意識を変えることは、実は技術を教える以上に難しいこと。ですが、ひとたび意識が変わると、これまでの殻を破ろうとするチャレンジ精神と変化への意欲がわいてきます。永井塾の取り組む意識改革とは、美容師の意識を高め、「視野を広げること」「自分に自信が持てるようになること」「個性が発揮されるようになること」です。

 その結果、その人が持っていた潜在的なセンスや感性、パワーが引き出され、人を惹きつけ、ファンを増やしていく「求心力」を持った「タレント」になってもらうことを最終ゴールとしています。

著名経営者

  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • エン・ジャパン株式会社

    越智 通勝
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志

プロフィール

  • お名前永井 信之
  • お名前(ふりがな)ながい のぶゆき
  • 出身千葉県
  • 身長175cm
  • 体重70kg
  • 血液型B型
  • 平均睡眠時間5時間
  • 平均起床時間5時
  • 趣味サッカー
  • 家族妻、子2名
  • 今までに訪れた国7ヵ国
  • 座右の銘熱い気持ちでチャレンジし続ける
  • 好きな食べ物甘い物
  • 好きなスポーツサッカー
  • 休日の過ごし方子供のサッカー応援
  • 今日の財布の中身30,000円
  • 飼ってるペットトイプードル