ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ブロードブレインズ 代表取締役 櫻井 規雄

株式会社ブロードブレインズ 代表取締役 櫻井 規雄

都心の魅力的なエリアにこだわり、未来の幸せを実現

リーマン・ショック以降、厳しい市況にあったマンション業界。しかし昨年あたりから底入れ感が出始め、現在はしっかりとした回復途上にあるといわれる。長い不況を経験したマンション業界にあって、地に足の着いた確かな拡大路線とともに、グループの業容拡充を休みなく進める会社がある。魅力的な都心の好立地で投資用デザイナーズマンションを展開するブロードブレインズ。いま、新たな企業理念の構築をはかりながら飛躍を見据える櫻井代表に、成長持続へのプランを聞いた。

― まずは御社の事業内容を教えてください。

 都心部のデザイナーズマンションに特化して、投資物件の資産運用を提案するアセットコンサルティングをはじめ、資産価値の向上を目指した賃貸管理・運営を含めたアセットマネジメント事業を行っています。今後は不動産再生やリノベーション、中古不動産流通を推進する不動産流動化事業にも力を注ごうと考えています。

― 資産形成を考える上で、投資マンションの業界市況について教えてください。

 デフレが長期化する先行き不安定な経済状況のなかで、近年多くの人が資産形成リスクの分散を考えるようになっています。そうした中で、株式市場も活況といえない今、ローリスクミドルターンの不動産投資が身近に考えられるようになってきました。比較的安定した商品で、さほど資金を必要とせずに始められる資産形成ということで注目されつつあると思います。

 バブル当時は、投資マンションといえば一定の富裕層が対象でしたが、今では20~30歳代のサラリーマンや公務員の方たちが老後に備えて始めたいというケースが増えています。顧客の裾野が広がっていますので、当社もそうした層へのアプローチを積極的に始めています。

― 競争が激しいといわれる投資用マンションの業界で、御社が業績を伸ばしている理由はどのような点になりますか?

 大きく3つの強みが理由として挙げられます。1つ目は、都内に特化したワンルームを中心に、新築のデザイナーズマンションと中古マンションの両方を手がけている点です。これは、アセットマネジメントを行うワンルーム業界では非常にまれなスタイルで、利回りをはじめ商品特長の異なる新築と中古の両方を扱うことで、顧客の多様なニーズに応えることができます。

 2つ目は、仕入れの段階で、物件のエリアに徹底的にこだわっている点です。不動産業界の場合、新築物件では仕入れから販売までの期間が約1年半と長いために、時には立地や環境の悪さには目をつぶって、売上優先での販売を余儀なくされる場合もあります。その点、当社はエリアを限定して物件を仕入れることに徹底的にこだわり、都内の城南・城西地区、山手線の内側でターミナル駅に近く利便性の高いエリアに重点を置いて仕入れてきました。稀少価値の高い魅力的な物件だけを仕入れてきたことで、所有者の期待を裏切らない確かな信頼を築いてきたと自負しています。

 そして3つ目は、プロパティマネジメント事業において、業界では最安値水準といわれる賃貸管理料を設定している点です。独自のシステムによって月額3,000円の定額で賃貸管理・運営業務を行っています。また、長期的な視点で事業を捉えることでコストを下げ、敷金ゼロ・保証金1ヵ月のみという初期費用を抑えるシステムなどを導入し、所有者のみならず入居者の側に立った視点を大事にしています。

著名経営者

  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳

プロフィール

  • お名前櫻井 規雄
  • お名前(ふりがな)さくらい のりお
  • 出身栃木県
  • 身長180cm
  • 体重75kg
  • 血液型A型
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間7時
  • 趣味旅行、サーフィン
  • おススメ本勝ちぐせのセオリー
  • 購読雑誌モダンリビング
  • 家族妻 子3人
  • 今までに訪れた国10ヵ国
  • 座右の銘人生とは今日一日である
  • 尊敬する人種市 全洋
  • 尊敬する経営者リチャード・ブランソン
  • 好きな言葉ありがとう
  • 好きなスポーツバスケットボール、サーフィン
  • 好きな女優アン・ハサウェイ
  • 好きな歌(曲)花鳥風月(ケツメイシ)
  • 休日の過ごし方家族と公園に行く
  • オススメの飲食店千里眼