ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社クリエイティブネットワーク 代表取締役社長 山﨑 一永

株式会社クリエイティブネットワーク 代表取締役社長 山﨑 一永

「強い個人」と「強い組織」が企業の成長を加速させる

企業は「強い個人」と「強い組織」を作ることで成長の階段を上ることができる。そして強い個人とは、物事を主体的に捉えて、考えながら能動的に行動できる人材である――。クリエイティブネットワークを率いて6年、人材ビジネスの最大手でノウハウを積み上げ、人材の採用、教育および組織マネジメントコンサルティングを手掛ける代表の山﨑氏。「再現性」を重視した独自の概念で、企業研修やコンサルティングにおいて高い成果を導き出す同氏の、注目のノウハウについて聞いてみた。

― 御社の業務内容を教えてください。

 基本的には3つあります。企業向けの研修教育事業、人事・採用のコンサルテーション、そして組織コンサルテーションです。

 人事・採用については、新卒・中途の採用のハウツーがわからない、大手であれば採用のアセスメントを変えたいといった課題の解決。また人事制度や給与制度など、企業の骨格を成す制度のデザイン設計などを行います。

 組織コンサルテーションとは、主に営業組織や営業を含めた組織全体の改善提案。営業組織における課題を抽出し、ボトルネックを解消することによって「売れる組織」を作っていきます。

― 例えば営業組織のコンサルテーションにおける研修成果はどのように表れますか。

 営業研修ではその成果をパフォーマンスで計る事は可能だと思います。多くの企業は研修を受講させてアンケートを取って終わりでした。つまり成果として定着するまで、その研修を活かすことをしてこなかったのです。しかし本来、研修とは投資ですから投資に対するパフォーマンスを見る必要があります。

 当社の組織コンサルテーションでは、営業における結果を計り、きちんと効果測定を行うことが特色です。従来の顧客データからは、平均して20%から30%の成果アップが見てとれる実績が出ていますね。

― 山﨑社長の前職でのご経験を教えてください。

 大手人材会社で企業の採用支援を担当していました。そこではクライアントが描くビジョンと採用したい人材のコンピテンシーを明確にしながら人材獲得方法について問題提起していきます。現状の採用の方法やプロセスを聞いて、改善提案をしていくわけです。求める人材像にフィットする学生を探していきながら、採用に繋がる一連のサポートを行うノウハウを学びましたね。

 その後、教育事業に異動して、教育プログラムの開発やテキスト制作、研修講師を担当。アメリカから導入した教育プログラムを日本流にカスタマイズする仕事も担いました。この研修の内容は当時の日本では非常に先進的なもので、このプログラムのカスタマイズ作業を担ったことは教育・研修事業のノウハウ確立の上で非常に意味のあるものになったと思います。

 最後にフリーペーパー事業の部署に異動し、社員1,500名の人事責任者として採用や教育、人事労務管理や制度運用など人事全般についての学びを深めました。この大手人材会社で、人材コンサルのあらゆるノウハウを積み上げたと言えるでしょうね。

著名経営者

  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • 株式会社壱番屋

    宗次 德二
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • マネックスグループ株式会社

    松本 大

プロフィール

  • お名前山﨑 一永
  • お名前(ふりがな)やまざき かずなが
  • 出身神奈川県
  • 血液型O型
  • 平均睡眠時間5時間
  • 趣味ゴルフ、テニス アウトドア、読書
  • おススメ本熱狂する社員
  • 購読雑誌日経ビジネス・トレンディ、ダイヤモンド
  • 座右の銘他人は一対の反射鏡
  • 尊敬する人坂本龍馬、稲盛和夫
  • 好きな言葉思いの強さが成功へつながる
  • 出身校中央大学法学部