ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社シーズプロダクツ 代表取締役 青山 伸

株式会社シーズプロダクツ 代表取締役 青山 伸

ブランドイメージを高める業務用バッグを創る

企業の展示会やイベント、大学のオープンキャンパスなどに参加すると、資料を持ち帰るためにその会社や学校のオリジナルバッグを用意してくれる。なかには普段から使いたいと感じるおしゃれなバッグもあり、個性あふれるデザインやカタチに感心してしまうことも少なくない。シーズプロダクツは、そうした自社の業務用バッグの企画開発から製造までを手掛ける会社。顧客のブランドイメージを高める優れた商品を創り出すノウハウを青山代表に聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 店舗や企業が顧客向けに用意する「業務用バッグ」の企画製作・販売を行っています。店舗のショップバッグや企業の展示会用のバッグ、大学で使うオープンキャンパス用のバッグや販促用のノベルティバッグなど種類は多岐に及び、そのほとんどを完全オーダーメイドで製作しています。

 バッグの素材はさまざまな素材を幅広く取り扱っております。これも当社の特徴の一つなのですが、お客様の業種もご要望も多岐にわたっているため、多くの素材に精通することによってオリジナリティを活かした商品のご提案が可能となっております。

― 独自性の高い御社の業務用バッグですが、製作における強みはどこにありますか。

 主には企画力と接客力ではないでしょうか。形やデザインとして表現する企画力と、その土台になる、お客様が何を求めているかを正確につかむ接客力。その両軸が当社商品の品質を支える強みです。

 企画力は、お客様のイメージやご要望を的確に把握しながら付加価値を提案していく力です。お客様からの「こうしたい!」というご要望を商品化するには細かなヒアリングを実施し、望むような方向へと導いていくことが必要です。

 また企画力を育むために、当社では様々な業種の展示会に積極的に出展しています。そこで当社ブースに来場されるいろいろな業種のお客様との情報交換を通して、企業との新たなコラボレーションの可能性を探るのです。

 そうしたリサーチの結果やこれまでの商品情報などをすべてデータベース化して商品開発に活かしていることも強みの1つです。お客様のご要望を見つけていく糸口になり、企画の引き出しを増やすことにつながっています。

― 接客力についてはどのような強みがありますか。

 接客力と企画力は一対のものです。お客様からの丁寧なヒアリングをもとにした「いいものを追求していく」というスタンスから、斬新な企画やデザインが生まれます。お客様のご要望を丹念に聞くことが良い企画を生むというこだわりを、社員が理解し共有しているのが強みと言えると思います。

 また当社ではスタッフ全員が商品の企画を行い、営業まで一人でこなします。そして企画営業のスタッフは女性が多いのも特徴です。業務用バッグの制作には女性の感性や気配りの細やかさが生かされると思っています。細かなサイズ感やデザインのディテールにこだわって良いものを作ろうとする意欲は、多くの場合女性のほうが大きいもの。女性ならではの能力を前面に出して、高い感性で活躍してくれています。

著名経営者

  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • シダックス株式会社

    志太 勤
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • エン・ジャパン株式会社

    越智 通勝
  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿

プロフィール

  • お名前青山 伸
  • お名前(ふりがな)あおやま しん
  • 出身青森県
  • 趣味ねぶたまつり
  • 好きな食べ物さざえ、あわび
  • 好きな言葉今、このひと時を大切に
  • 好きな作家太宰 治
  • 休日の過ごし方スポーツジム
  • 好きなお花菜の花
  • 好きな漢字一文字
  • 出身校中央大学