ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社DDO 代表取締役 小野 正剛

株式会社DDO 代表取締役 小野 正剛

病院と医師の要望を共有し、オーダーメイドで支援

日本では珍しい医療従事者を対象にしたヘッドハンティングを専門にするDDO。経営支援事業や学会支援事業とのシナジーを活かし、医療機関と医師双方の要望に合致する医療人材を、院長、部長職などの管理職として病院に招聘、病院経営の収益改善支援を行っている。招聘にあたっては双方に徹底的にヒアリングを行い、要望を共有したうえで、完全オーダーメイドでスカウトを行う。そのため、ミスマッチがなく、両者に大きなメリットをもたらす。代表の小野氏にDDOならではの独自性や価値、ビジョンなどを聞いた。

― まず、DDOの事業内容について教えてください。

 当社は3つの事業を中心に展開しています。現在事業の核となっているのが、「人材招聘事業」です。医師、看護師、事務責任者といった医療従事者を対象にしたヘッドハンティングになります。特に、院長、部長職や看護部長、認定看護師、事務長など、病院経営の収益改善のキーとなる管理職を病院に招聘するお手伝いを得意としています。

 2つめは、「経営支援事業」です。経営コンサルタントとして、病院の現状や問題点を把握して改善点を見つけ出し、経営の安定化や改善に寄与していきます。最近は、職員研修の依頼も多く、コミュニケーション改善、接遇、管理職研修などもさせていただいています。

 3つめは、「学会支援事業」です。一般社団法人日本心臓血管麻酔学会の事務局運営を受託しています。また、東京麻酔専門医会、PPCS(周術期管理スペシャリスト)、JAPAC(日本周麻酔期管理研究会)などの研究会の事務局運営も支援しています。

― 医師の方の転職の現状について教えてください。

 大学病院の医局に所属し、研究、臨床と医療の進歩に日夜努力されている医師が多く存在する一方、紹介会社に登録し、1~2年で転職を繰り返す医師もおります。首都圏の一部地域を除けば医師不足は深刻な経営課題となっています。地域に医師が不足する原因となっているのが2004年4月より実施されている新医師臨床研修制度です。従来大学病院医局が地域病院へ医師を派遣していた機能が弱まり、地域病院の医師が不足する状況になっています。患者さんを診る医師が見つからなければ、病院の閉鎖ということにもつながります。現在、大きな社会問題になっています。

― 医師不足ということから、インターネットを利用した人材紹介会社も増えています。そうした会社との違いをどこにあるのですか。

 私たちは経営コンサルタントからスタートしており、一般の人材紹介会社のように単にネットで医師を集め、病院に紹介するということが目的ではありません。採用はあくまでも手段です。経営を改善し、収益を上げる。そして、病院の診療科を長く維持させることで、地域医療に貢献していくことこそが最終的な目的です。ですから、そのためのキーとなる人材をお連れするということで「人材招聘」と言っているのです。

 DDOの人材招聘は、オーダーメイドの服を作るようなものです。依頼のあった病院が必要とする医療人材のスキルや経験等を病院経営者と議論をし、本当に必要とする人材像を明確にして、リサーチを行い、依頼に合った人材をスカウトします。そこが他社との大きな違いです。

著名経営者

  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • マネックスグループ株式会社

    松本 大
  • 株式会社セプテーニ・ホールディングス

    七村 守
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎

プロフィール

  • お名前小野 正剛
  • お名前(ふりがな)おの せいごう
  • 出身長崎県
  • 身長183cm
  • 体重80kg
  • 血液型A型
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間5時
  • 趣味サッカー観戦
  • おススメ本思考は現実化する
  • 家族妻、子供2名
  • 尊敬する経営者稲盛 和夫
  • 尊敬する歴史上の人物坂本 竜馬
  • 好きな作家司馬 遼太郎
  • 好きなスポーツサッカー、ラグビー
  • 好きな映画くちびるに歌を
  • 好きな歌(曲)手紙
  • 休日の過ごし方ウォーキング
  • 出身校近畿大学法学部