ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ディー・エヌ・エー 取締役 南場 智子

株式会社ディー・エヌ・エー 取締役 南場 智子

時代を変えられるほどインパクトある企業にしたい

ディー・エヌ・エーの快進撃が止まらない。2008年3月期の売上高は297億円、経常利益128億円と3期連続で2倍以上の成長率を達成。さらに2007年末には東証一部への上場も果たした。そんな同社の歴史は新規事業立ち上げの歴史でもある。2004年の「モバオク」や「ポケットアフィリエイト」、2006年の「モバゲータウン(以下、モバゲー)」や「ネッシー」、2007年の「趣味人倶楽部」など、同社は斬新な新規事業を立ち上げ続けている。これら新規事業の成功が、同社の成長を強烈に牽引してきた。今回は、社長の南場に話を聞いた。

※下記はベンチャー通信35号(2008年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

【インタビュー前編】ピラミッド型組織ではなく、球体型組織

― ディー・エヌ・エーと言えば「モバゲー」が有名ですが、御社では他にも多くの新規事業を立ち上げています。もともと「モバゲー」も数ある新規事業の一つだったそうですね。

 はい。「モバゲー」は現場の社員が立ち上げた新規事業です。「モバゲー」は立ち上げから2年半が経った現在も進化を続けています。たとえば最初「モバゲー」は無料ゲームと※SNSによる広告ビジネスしか行っていませんでした。しかし現在は「モバゲー」からケータイ小説が出版されたり、高品質ゲームによるアイテム課金など、新しいビジネスモデルが生まれています。当社では既存事業も新規事業の一つと捉えています。ですから「モバゲー」の中でも絶えず創造と破壊が繰り返されているわけです。

― なるほど。御社ではどんな事業も新規事業だと捉えているんですね。ちなみに御社では現場から新規事業が生まれているそうですが、それを実現できている理由は何ですか?

 当社が個人の才能を最大限に発揮できる組織をつくっているからだと思います。よく会社はピラミッド型組織に例えられますが、私は当社を“球体”のように捉えています。イメージとしては、上下のヒエラルキーのない完全な球体。当社では社員一人ひとりがその球体の表面積を担って、陰に隠れる人は一人もいません。まだ仕事を覚えていない新米社員にも表面積を担ってもらいます。非常に小さな面積かもしれませんが、まずは信じて任せることが大事だと思っています。

 そして当社では社員の年齢や社歴に関係なく、実力に応じて際限なく仕事を任せています。当社では「これをやったらダメ」という制限は一切ありません。実際、他社との業務提携なども現場の社員が主導して行っています。当社の社員はまるでプロデューサーのように、当社にある「ヒト・モノ・カネ・情報」の経営リソースを最大限に活用しています。社長の私自身も「ヒト」のリソースとして、しょっちゅう現場社員に駆り出されていますよ(笑)。「このシンポジウムに来て、こういうことを話してください」とか「この打ち合わせに同席してください」とか。

著名経営者

  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • 日清食品株式会社

    安藤 百福

プロフィール

  • お名前南場 智子
  • お名前(ふりがな)なんば ともこ
  • 出身新潟県
  • 平均睡眠時間5時間
  • 平均起床時間7時
  • 趣味柴犬
  • おススメ本『フェルマーの最終定理』サイモン・シン(著)
  • 家族主人、さくら(柴犬)
  • 座右の銘自然体
  • 尊敬する人
  • 好きな食べ物白米
  • 嫌いな食べ物こうや豆腐
  • 乗っている車RV