ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ドリームインキュベータ 代表取締役会長 堀 紘一

※下記はベンチャー通信27号(2007年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

【インタビュー中編】ベンチャーを見るポイント

― どのようにしてベンチャー支援をしているのですか?

 事業の成功の可否は、お金ではなく“知恵”で決まります。ビジネスの原料はお金ではなく、実は“知恵”なんです。この知恵の部分を提供するのが当社の役割です。

 また今の世の中、お金は余っているんですよ。事業を始めたいと思えば、ある程度まともなベンチャーならお金を集めることは簡単です。ホンダやソニー、日本電産の創業期の頃なんかは金策の話ばかりだったので、それに比べると今はすごく恵まれていると思いますね。

 最近※IPOするベンチャーを見ていて思うのが、経営に“知恵”が不足しているなということ。IPOした時点では華やかですが、その後に寝たきり法人になってしまう。つまり成長が止まって、人々の記憶にも残らなくなってしまう。そんな企業が本当に多い。これではIPOした意味も全くない。そうならないために、経営に“知恵”が必要なんです。当社では、筋のいいベンチャーがあれば、未上場の頃から“知恵”の部分をトータルでサポートし、その会社が東証一部に上場するまで継続的にお付き合いしていくモデルをとっています。

 そして、当社自身も人に教えるだけでなく手本を見せるということで、2000年6月に設立した後、その1年11ヵ月後に東証マザーズにIPOして、その後3年で東証一部にあがりました。自分たち自身も実践しないと、説得力もないですからね(笑)。

― 堀さんがベンチャーを見極める時、どこの部分を見るんですか?

 いくつかありますが、まずビジネスモデルを見ます。差別化できているビジネスモデルかどうか。決定的な差別化要因がないと、競争になった時に規模の大きな企業が勝つので、規模の小さなベンチャーは生き残れません。また、たとえ差別化されていても他社が真似しにくいかどうかも重要な要因です。儲かるビジネスは、必ず真似する会社が現れますから。

 そして、ビジネスモデルに付け加えて、資金の回収エンジンがあるかどうかも大事です。どんなにそのビジネスモデルが画期的でもお金を回収する仕組みがなければうまくいきません。

― 経営者も見ますか。

 もちろんです。会社=経営者ですから、経営者抜きに会社の評価などできません。まず私が見るのは、その経営者の目ですね。目は大脳が唯一外に露出しているところなんですよ。口は嘘がつけても、目は嘘がつけません。目に出るんです。その人の価値観や人柄が。

 卑しい目をした人は絶対にダメですね。上品である必要はありませんが、卑しい人は絶対にダメ。作家の城山三郎氏が※石田禮助の生涯を書いた本に「粗にして野だが卑ではない」というのがあるんですが、これは名言だと思います。頭がいいとか商売が上手いなどよりも、一番大事なのはこの「卑ではない」ことに尽きると思います。卑しい経営者は絶対にうまくいきません。

 また経営者自身だけでなく経営幹部も見ます。経営者が良くても、幹部が卑しければこれもダメですね。そしてその会社の取引先や株主構成も同じです。いかがわしい会社と付き合っていないかをチェックします。そして最後に見るのが会社の雰囲気です。会社に入った時の第一印象や雰囲気を見ます。いい雰囲気の会社は伸びます。


※IPO(株式上場):InITial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)の略で、未上場企業が新規に自社の株式を証券取引所に上場する直前に、投資家に株式を取得させることを言う。これまで特定の個人や法人しか株式を保有していなかった未上場企業が、不特定多数の投資家から資金調達を行うにあたり、一般の投資家に株式を取得させることを目的とする。

※石田禮助(いしだれいすけ):昭和初期から中期(1930年代後半~1960年代)の日本の実業家。三井物産に35年間在職し同社の代表取締役まで務め、華々しい業績をあげた後、78歳で財界人から初めて国鉄総裁になる。

著名経営者

  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • 株式会社壱番屋

    宗次 德二
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二

プロフィール

  • お名前堀 紘一
  • お名前(ふりがな)ほり こういち
  • 出身兵庫県
  • 出身校東京大学