ニッポンの社長

ニッポンの社長 > DRS株式会社 代表取締役 藤原 文人

DRS株式会社 代表取締役 藤原 文人

未来への思いを共有し、一緒に夢を追いかけたい

 自衛官から転身し法律を学び、大学院に進んで知的財産や企業法務の専門知識を修得するなど異色の経歴をもつDRSの藤原代表。そのプロセスのなかで培った多彩な人的ネットワークと豊富な知識を生かし、企業や医療機関に対して良質の経営コンサルティングを提供している。開業支援や経営計画、組織構築や再編などあらゆる案件に対応するワンストップのコンサルティングでクライアントの信頼を獲得するDRSのサービスについて、藤原代表に話を聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 企業や病院の経営コンサルティングを主な事業として行っています。特に病院や診療所など医業関連のコンサルティング業務に多く携わっています。

 内容としては、病院の設立やクリニックの開業支援、組織構築や事業計画の策定、広告戦略のプロデュースのほか、開業後の経営指導を含めた総合的なサポートを行います。そうした経営全般に関するコンサルティングをワンストップで実施しています。

― サービスの強みや特徴はどこにありますか。

 1つにはそうした幅広いコンサルティングを強固な人的ネットワークを基盤に提供していることです。私自身が前職で法律事務所にいたことから、司法に関する専門家やその他の多くスペシャリストと繋がりがあるのです。

 たとえば病院やクリニックの開業支援では、土地を購入して建物を建設する場合に近隣住民との調整は不可欠です。反対運動や工事の騒音に対するクレームの対応には弁護士などの信頼できる専門家が必要になります。

 その点、当社が提携する弁護士は元裁判官や元検察官など豊富なキャリアを有する優れた人材が多く、同様に開業・経営支援に欠かせない税理士や会計士も、国税局で高い実績を積んだようなスペシャリストです。開業の過程で生じる様々なデリケートな問題に対して、心強い味方になれる専門家を多数アサインすることができるのです。

 もう1つの強みは、私自身が提供できる専門的な知識の部分でしょう。起業・開業に関する広範囲なノウハウの提供はもちろんですが、経営における専門的な知識を実践的に提供できるのが特徴です。

― 藤原社長が得意な専門分野は何でしょうか。

 私は大学院時代に知的財産戦略を専攻して、知的財産をどう経営資源として活かしていくかという専門分野を学びました。知的財産を権利化させるだけでなく、それをどう市場に出して収益化を図るかという実践的なノウハウを得ることができたと思います。

 加えて経済法の分野で独占禁止法に関して専門的に勉強し、実際に公正取引委員会競争政策研究センターでの研究や勉強会に参加し、また、その知識を発揮出来る法律事務所で仕事をしました。経営戦略の中でも企業合併や統合などのノウハウに、その経験は活かされていますね。

 たとえば、単に帳簿を見て経営状況を判断するだけなら税理士に任せるだけでもいいでしょう。ところが買収や譲渡といったナイーブな案件になると、帳簿上だけでは分からない債務の把握が必要です。オーナーが代わって職員が一斉に辞めるようなことが起これば、規定によっては退職金支払いの義務が生じるなど、帳簿に載っていない債務要因を見極めることが必要なのです。

 持てる知識を現場で最大限に生かす実践的なアプローチが非常に重要だと考えています。

著名経営者

  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • エン・ジャパン株式会社

    越智 通勝
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正

プロフィール

  • お名前藤原 文人
  • お名前(ふりがな)ふじわら ふみひと
  • 出身秋田県
  • 身長188cm
  • 体重95kg
  • 血液型B型
  • 家族妻、長男、犬2匹
  • 過去に戻れるならいつ?昨日
  • 好きな漢字一文字
  • 出身校東京理科大学大学院
  • 飼ってるペット