ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社エクネイクスラボラトリー 代表取締役 八田 大樹

株式会社エクネイクスラボラトリー 代表取締役 八田 大樹

マーケティングサイエンスで企業の競争力強化を支援する

エクネイクスラボラトリーは、これまで現場の経験や勘、度胸などで成り立っていた企業のマーケティングの世界に、世界で研究されている最先端の学術モデルや科学的な技法を導入。新製品の開発や既存製品のリニューアル、製品や企業のブランディングなどで信頼の高い、精緻なデータ分析結果を提供し、企業の意思決定を支えている。なぜ同社では成果を出し続けることができるのか。代表の八田氏に、ビッグデータ活用などで注目を集めるマーケティングサイエンスの概要や、その中での同社の強み、ビジョンなどについて聞いた。

― まず、事業内容を教えてください。

 企業のマーケティング活動というと範囲はかなり広くなりますが、そのなかで当社はマーケティングのデータ分析に特化しています。新製品の開発や既存製品のリニューアル、製品や企業のブランディングに際して、マーケティングリサーチや、購買履歴・POSデータの分析の支援などを行っています。データ分析では、どのようなアンケート調査を行い、どのようなデータを集めるのかといったデータデザインの提案から、実際のデータ収集を行い、適切な分析をし、アウトプットを出すまでの一貫したソリューションを提供しています。

 クライアントとしては、食品や日用品といった買回り品を中心に、自動車、情報通信、医薬品・医療機器、金融サービス、スポーツまで様々な産業分野で多くの実績があります。

― 御社が進められている“マーケティングサイエンス”とはどのようなものなのですか。

 今、消費者の心理や嗜好、行動はますます多様化・複雑化しています。その中で、これまで企業のマーケティングと言えば、「今までの経験ではこうしたものが売れた、だからこれが売るはずだ」というような、現場の経験や勘、度胸などで成り立っていました。しかし、消費者の思考や行動は常に変化し、新しくなっているわけであり、企業のマーケティング手法もそれに対応し高度化しますから、過去の経験は通用しません。そこで求められているのは、確かな科学的な裏付けによる精度の高い意思決定を行うことです。

 全世界で研究されている最先端の統計学や経済学、心理学などの学術モデルや科学的な技法を、実際の企業のマーケティングに応用し、企業の意思決定を支える。それがマーケティングサイエンスです。

― お客様が抱える課題はどういったものが多いのですか。

 日本では新しいものを作っても売れない。これが多くの企業の課題になっています。たとえば、ダイエット等の健康機能のお茶の商品がブームになると、コーラやコーヒー等の他の飲料商品や、チューインガム、チョコレート等のようにカテゴリーを超えて新商品が出てきます。しかし、そのような状態になれば消費者は多様な新商品の刺激に飽きてしまいますから、新商品を出しても簡単には売れません。

 また、最近のコンビニやスーパーでは店のPB(プライベートブランド)に力を入れていますから、どのカテゴリーでもメーカーブランドの商品の棚のスペースが縮小され、消費者のアピール度が落ち、売上が減っていきます。日本のメーカーは国内においては厳しい状況にあります。

著名経営者

  • 株式会社セプテーニ・ホールディングス

    七村 守
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • 日清食品株式会社

    安藤 百福
  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋

プロフィール

  • お名前八田 大樹
  • お名前(ふりがな)はった おおき
  • 身長173cm
  • 体重60kg
  • 血液型AB型
  • 平均睡眠時間4時間
  • 趣味読書、音楽
  • おススメ本『イノベーションのジレンマ』
  • 今までに訪れた国12ヵ国
  • 好きな食べ物
  • 嫌いな食べ物納豆
  • 好きな漢字一文字