ニッポンの社長

ニッポンの社長 >  子どもの未来を応援するニッポンの大人たち  > 株式会社エルカミノ 代表取締役 村上 綾一

株式会社エルカミノ 代表取締役 村上 綾一

長所をどんどん伸ばす理数系専門塾を通して、 子どもたちに考える力、生きる力を伝えたい

理数系専門塾エルカミノは、小学生~高校生までを対象とした進学塾。村上綾一代表が目指すのは「理数系の思考を持った生徒の育成」で、算数・数学の授業に大きな特徴があり、小学4~6年生対象のコースには、難関中学受験に備える子どもが多く在籍する。「受験だけでは終わらない教育」も掲げ、「単なるテスト対策ではなく生きる力にもなる勉強の習慣化こそが大事」と語る村上代表に、教育にかける熱意と特徴をうかがった。

― 理数系専門塾エルカミノの特徴について教えてください。

 理数系の科目、特に算数・数学が好きな子どもたちが、自分の得意分野をどんどん伸ばせる塾を目指しています。理数系専門といってもエンジニアやプログラマーの育成を目指すのではなく、算数・数学に力を入れることで論理的なものの見方、考え方を身につけるのが目的です。誰から見ても客観的な数字をもとに、合理的な解釈ができることは論理的思考の基本。いわゆる「地頭」の強化にもつながります。

― 理数系専門塾の必要性はどこから生まれたのでしょうか?

 公教育や大手塾では、習熟度の低い子どもたちを基準にして授業が進められますが、習熟度の高い子どもたちのなかには物足りなさを感じている子もいます。その傾向は算数で特に顕著なため、算数が好きな子が、自分の長所を思う存分伸ばせる場が必要なのです。『ウサギとカメ』の童話は、カメのようにコツコツ努力することが大切で、油断したウサギのようになってはいけないと教えますが、私が注目したいのはウサギ。もし、ウサギが適切なコーチから指導を受けていれば、カメに負けることはなかったでしょうし、素晴らしいアスリートに成長したかもしれません。ウサギは“算数が好きな子どもたち”で、そのコーチが我々。ウサギの長所を伸ばす塾がエルカミノです。

著名経営者

  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二
  • MOVIDA JAPAN株式会社

    孫 泰蔵
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央

プロフィール

  • お名前村上 綾一
  • お名前(ふりがな)むらかみ りょういち
  • 身長173cm
  • 体重60kg
  • 血液型O型
  • おススメ本アルジャーノンに花束を
  • 出身校早稲田大学