ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社エンライズコーポレーション 代表取締役CEO 吾郷 克洋

株式会社エンライズコーポレーション 代表取締役CEO 吾郷 克洋

世の中に必要とされ喜ばれるサービスを仲間と共に創りたい

システムエンジニアリングサービス(SES)を主事業とするITソリューション企業は数あれど、自社で運営しているアカデミーで技術教育だけでなくビジネスマン教育を行ったうえで、現場の第一線に送り出す会社はなかなかないだろう。エンライズコーポレーションは、何よりも社員の教育に力を入れ、その成長を事業推進のモチベーションに置き換えて飛躍を遂げつつある注目企業である。人財育成にそれだけ力を注ぐ理由には、同社代表の吾郷氏が辿ってきた自身のキャリアが密接にリンクしていた。起業の経緯や事業にかける思いについて聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 大手企業のシステム基盤(サーバーやネットワーク)を設計・構築・保守運用する業務を中心に、お客様先毎に体制を組んでプロジェクトに参画する技術支援型のシステムエンジニアリングサービス(SES)を主な事業にしています。ITインフラに特化したソリューション事業のほかに、HRバリュー事業、ベンチャーバンク事業の3つをコアビジネスとして展開しています。

― SES事業において、他社との差別化となるのはどのような点でしょうか。

 技術を重視するだけなく、ビジネス力に長けたエンジニア(SE)を「技術タレント」となるよう育成している点ですね。最新技術を追求しながら、そこにどんなビジネスを結び付けていけるかを考えられるような人財教育を行っています。つまり、技術が分かるビジネスマンというイメージでしょうか。

 また昨今のITインフラ業界では各プロジェクトにおけるお客様の要望は多岐にわたり、1人のエンジニアに求められるスキルや技術要件が高くなっています。当社では、各エンジニアがお客様先に常駐しながらも、自社の施設(アカデミー)でスキルアップが出来るような環境が充実しており、また、各専門毎の講師が社内に常駐しているため、プロジェクト支援などを含め色々な側面からフォローが行き届く体制を構築しています。

 そうやって社員1人ひとりの成長に徹底的にこだわり、お客様から請けた業務の品質(仕事の品質=人財の質)にこだわっていることが、他社との差別化の最も大きな部分だと思います。

― そうした理念に至った背景について教えてください。吾郷社長は学生時代から、将来は起業したいという思いがすでにあったのですか。

 まだそこまで明確な気持ちはありませんでした。ただ広島での学生時代、ゼミの先生から受けた影響はきっかけとしてあったかもしれません。その先生は就活を控えた私に言ったんです。「就職するなら、広島でくすぶってないで、東京に行ったらどうだ、都会は地方とは見えるものが違うぞ」と。

 私自身、幼少から熱中していたサッカーを、大学1年のときにケガで辞めることになったせいもあり、消化不良の気持ちがずっとありました。また、時代はベンチャー隆盛の時で、東京という場所はビジネスの場としてとても刺激的に思えたんですね。就活の結果、技術者の人材派遣を行っていたベンチャー企業に内定をもらい上京することにしたのです。

― 起業を考えたきっかけは何でしたか。

 入社したのが上場を目指していたベンチャー企業で、独立して起業することが当たり前の風土があり、大いに刺激を受けたことが挙げられます。

 そして入社1年目に一度、実家の都合で広島に帰ったことがあったのですが、地元に少し身を置いて、あらためて思ったのです。自分は何かを成し遂げなければ、ここには戻れない。「3年間頑張って、必ず独立しよう」という気持ちが明確になりました。はっきりと気持ちが切り替わり、3年後に起業を目指すという目標を据えるようになったのです。

著名経営者

  • 株式会社ドリームインキュベータ

    堀 紘一
  • 日清食品株式会社

    安藤 百福
  • 澤田ホールディングス株式会社

    澤田 秀雄
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • エン・ジャパン株式会社

    越智 通勝
  • MOVIDA JAPAN株式会社

    孫 泰蔵

プロフィール

  • お名前吾郷 克洋
  • お名前(ふりがな)あごう かつひろ
  • 身長173 cmcm
  • 平均睡眠時間6時間
  • 趣味お酒、温泉、読書
  • 今までに訪れた国8ヵ国
  • 座右の銘一期一会
  • 好きな食べ物鶏肉
  • 好きなスポーツサッカー
  • 好きなミュージシャン秦 基博
  • 好きなお酒の銘柄カンパリ
  • 好きな漢字一文字