ニッポンの社長

ニッポンの社長 > カイロプラクティック・ムラマサ 代表 村田雅史

― どのようにしてそうした独自スキルを身に着けたのですか。

 私は19歳でカイロプラクティックに出会い、専門学校・技術団体とオーストラリアの州立大学で、知識と技術を学びました。もちろん、そこでの経験は今のベースとなる部分も多いですが。でも、すべてに納得することはできず、使いこなすこともできませんでした。多くの技術や知識を、腑に落ちないままで使い続けることに悶々とした感情を抱いていました。

 そして「このままでは駄目」だと思ったある日、情報のインプットを一旦遮断。そして、まずは頭に残ったシンプルな解剖学・関節のイメージのみをベースとし、それらに施術現場でのインスピレーションを融合させ、必要な技術を都度作っていきました。そうすることで、劇的な効果を生み出した実績があり、かつ安全性に問題がない技術のみを残していくことができたのです。

 そうして、最初にできたのが肋骨矯正です。そこから情報のインプットを再開しましたが、教本やセミナーはあくまで気づきを得るためのきっかけに留めました。何よりも自分自身が納得し、自信をもったオリジナルの技術開発にこだわって地道な試行錯誤を重ねてきました。

― なぜそこまで突き詰めることができるのですか。

 ただシンプルに「自らの手で人が元気になる」ことに対して喜びを感じているからだと思います。小さい頃からマッサージ好きで、14歳から手技療法のアマチュア活動を始めているくらいですから。

 そしてこの想いを発展させるきっかけになったのは17歳の時。交通事故にあい、骨に激しい歪みを抱えることになりました。その影響で疲労が溜まると心臓や背中の筋肉に痛みがはしったり、息苦しさを感じたりと苦痛の日々を過ごしていました。

 私自身がカイロプラクティックを学ぶにあたり、多くの先生の施術を自らが受ける機会に恵まれました。ただ、技術団体の講師を務めるような高い技術の先生の施術であっても「体の芯からの深い改善実感」を得たことは滅多になかったのです。

 そうしたことが、私自身の背骨の歪みが癒されないストレスとして溜まっていったのです。でも、次第に「自分自身が顧客として受けたいような、最高の施術を実現したい」という気持ちに転化していき、施術を突き詰める大きなエネルギーとなっていったのです。

 そして、何より「骨格の矯正」とは、私自身にとって純粋に「わくわくする」ことでもあるのです。多くの人が私の目の前で変化を実感し、表情も笑顔に変わっていく。もっともっと追求したくなる、やりがいのある楽しい仕事なのです。

― 確固たる想いで独自技術を追求してきた村田先生から見て、今の手技療法業界をどのように見ていますか。

 業界の技術水準に対する強い懸念を感じたときもありました。もちろん、私の技術が「すべて正しい」と言いたいわけではありません。でも、たとえば先にお話しした、100軒以上治療院をまわり、当店に来られた柔道整復師の方の一件です。私は自分なりに努力は行ってきましたが、その時は本腰を入れてまだ3年程度の新米でした。天才でもないので、ベテラン施術家100人以上の成果を出せるとは到底思えません。

 ということは、100人以上の方々が十分な試行錯誤をしてこなかったのだと察しています。解決できない問題に当たった場合、試行錯誤して問題を解決しようとするのは自然な行動なので、それをする施術家が増えるようになってくれたら業界の信頼度は自然に変わると思います。

― 今後のビジョンを教えてください。

 とにかく現場の仕事を楽しみながら続けていきたいです。その一方で、挑戦してみたいこともいくつかあり、現在そのうちの一つに取り組んでいます。今はまだ日本にも世界にもない、頭蓋骨の形を変えることにフォーカス・特化した矯正技術の普及団体設立です。現在、教育カリキュラムの作成段階ですが、体制が整えば、多くの手技療法家・健康の専門家、そして体調不良でお困りの方に新しい改善のための視点を伝えることができ、日本の社会に大きく貢献できると確信しています。

■ 村田 雅史 (むらた まさし)

1980年、東京生まれの三重県松阪市育ち。14歳から独学でマッサージを追求し、19歳でカイロプラクティックの民間資格を取得。8年間のアマチュア活動で学校の先生や友人たちのボディメンテナンスにいそしむ。22歳からシステム開発などの仕事で学費を稼ぎつつ、国内のカイロプラクティックの専門学校とオーストラリアの州立マードック大学カイロプラクティック学科に入りなおし専門知識を深める。28歳で卒業後3年間はセミナー・書籍等で学習を続ける。2011年31歳でカイロプラクティック・ムラマサを開業し、以後完全にオリジナル技術の開発に切り替える。このほど独自の理論を体系化し社会に活かすべく、日本頭蓋骨形矯正学会を設立。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央
  • 株式会社壱番屋

    宗次 德二
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋

プロフィール

  • お名前村田 雅史
  • お名前(ふりがな)むらた まさし
  • 出身三重県
  • 身長172cm
  • 体重71kg
  • 趣味呼吸とミトコンドリアの情報収集
  • おススメ本海賊と呼ばれた男、銃夢
  • 家族妻1人、今年6月末に出産予定
  • 今までに訪れた国5ヵ国
  • 尊敬する経営者出光佐三
  • 休日の過ごし方仕事のことを考える
  • オススメの飲食店どんぶり屋ぽん(東高円寺)