ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 有限会社フォーカス・ビジネスプロデュース 取締役社長 大石 達也

有限会社フォーカス・ビジネスプロデュース 取締役社長 大石 達也

新規事業の創造を担う「ビジネスプロデューサー」が企業を変える

日本市場のシュリンクが懸念される昨今、あらゆる業界において、企業は生き残りを賭けた施策に躍起になっている。グローバル化の波に押され、新たな市場や新規事業の創造に舵を切る経営者が増える中、独自のビジネスプロデュースによる優れたノウハウを提供してくれる存在がフォーカス・ビジネスプロデュースだ。ビジネスプロデューサーの役割を重視し、インバウンド・アウトバウンド双方での新規事業創出のノウハウを授ける同社の大石代表に聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 日本企業の海外展開(アウトバウンド)、海外企業の日本市場進出(インバウンド)を自ら手がけてきた経験とノウハウに基づいて、企業の国際ビジネス・プロジェクトをサポートするコンサルティングを行っています。

 その中身は、主に中堅・中小企業における新規事業創出を念頭に置いた「ビジネスプロデュース」です。特に国際ビジネス・プロジェクトでは、幅広いビジネス経験に基づくゼネラリスト的素養を持った「ビジネスプロデューサー」が必要であり、その育成を軸としたコンサルティングによって、企業の新規事業のスタートを手助けしています。

― ビジネスプロデューサーとはどのような役割なのでしょうか。 

 既存の業界や市場にとどまらず、さらに国内や海外といった枠を取り払って、より高い視点と広い視野をもって事業を見直し、自社の次世代の柱となる新規事業を創出する役割を担うビジネスパーソンです。

 ご存じのように、今後の国内市場は少子高齢化に象徴されるように縮小を余儀なくされる状況にあり、従来の枠組みだけで企業の成長を見通すには限界があるといえます。

 今後は市場や業界を超えて、さまざまな企業や人々との連携のうえに新たなバリューチェーンを築くことが重要。これまでの枠組みに囚われることなく、次の事業の柱になるような新規事業の創出を牽引するビジネスプロデューサーの存在が必要なのです。

 しかし一方で、そうした事業創出に、現在の多くの日本企業がトライできていないという実情があります。

― それはなぜでしょうか。

 国内市場である程度のポジションを築いている日本の中堅・中小企業は、長年の成功体験から、事業の進め方についての方法論がすでに確立されており、その枠から出ることがなかなかできないのです。

 グローバル化の必要性をある程度認識していても、新たな市場開拓や新規事業を創造した経験がなく、そうしたマインドを持った人材も社内にいない。海外企業を相手に事業を展開するノウハウもないといった理由で、ハードルの高さを感じている企業が多いといえます。

 そうした企業に欠けているのが、経営者のマインドと、新規事業創造を担うビジネスプロデューサーという人材です。つまり当社が行うのは、経営者への意識改革でありマインドチェンジ、そして企業内ビジネスプロデューサーの育成を通じて、新たな事業創出につながるビジネスプロデュースを企業のノウハウとして落とし込むことなのです。

著名経営者

  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • 澤田ホールディングス株式会社

    澤田 秀雄
  • 株式会社IDOM(旧:株式会社ガリバーインターナショナル)

    羽鳥 兼市
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄

プロフィール

  • お名前大石 達也
  • お名前(ふりがな)おおいし たつや
  • 血液型A型
  • 平均起床時間6時
  • おススメ本ルワンダ中央銀行総裁日記 
  • 今までに訪れた国37ヵ国
  • 出身校大阪外国語大学アラビア語科