ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ペディキュール 代表取締役社長 西谷 裕子

株式会社ペディキュール 代表取締役社長 西谷 裕子

独自のフットケア技術とビジネスノウハウで女性の自立を実現する

ヨーロッパを中心に人々の普段の暮らしに浸透しているフットケア。足の爪を健康的にケアする習慣が根付くことで健康寿命を延ばすことにもつながっているという。本場ドイツの「フスフレーゲ」を学び、女性専用のフットケアサロンを展開して幅広い女性から大きな支持を集めているプロフェッショナルが西谷代表。母親として生きながら、一方でビジネスの成功を導いてきた同代表が辿ったプロセスには、女性が自立して活躍するためのノウハウが詰まっている。

― 御社の事業内容を教えてください。

 女性専用のフットケアサロン「フットブルー」の運営を行っています。98年に横浜に1号店をオープンして以来、現在横浜にもう1店舗と南青山に展開しています。女性だけのスタッフによる女性客専用のフットケアサロンというスタイルは全国的にもほとんど例がなく、お客様にゆっくりとくつろいでいただける空間づくりが喜ばれています。

 ペディキュールという社名は、フランス語で「足の治療医」という意味なんです。スタッフ一人ひとりがお客様の足をケアする専門家になりたいという想いから命名しました。おかげさまで当社は創業して17年を迎え、さらなる「生活の一部としてのフットケアの定着」を目指して事業に取り組んでいます。

― フットケアとはどういったものなのですか。

 フットケアの本場はドイツで、現地では「フスフレーゲ」と呼び、専門機械をつかって爪のケアを中心に行う施術のことを言います。フットマッサージとは少し違い、靴を履くことで生じる足のトラブルを解消し、足そのものを健康に保つことを目的に特に爪のケアを中心に行う専門職なのです。

 足に何かトラブルを抱えている方や魚の目や巻き爪の痛みに悩まれている方、足がだるい、不調を感じるという人が多く来られます。ヨーロッパを中心に世界でビジネスモデルが確立されていて、ドイツでは街のあちこちにサロンがあり、生活の一部として浸透しています。

 当サロンには20代から30代のお客様が多く来られますが、フットケアは高齢者向けの医療的なニーズもこれからさらに増えていきます。「フスフレーガー」にとっても活躍の場がいっそう広がると思いますね。

― サロンの特徴を教えてください。

 多くのフットケアサロンは足首から下だけをキレイにする施術が中心なんですね。でも私の場合、前職で接骨院や鍼灸院で仕事をしていましたから、足から見た身体、身体から見た足という全身管理を施術に盛り込んだ独自技術を特徴にしています。

 足の裏にトラブルができる原因は靴の履き方だけではなく、身体の不調が原因になっていることが多々ありますし、メンタルの問題から起こることもあります。足の爪の曲がる角度によって身体の部位の不調が分かることもあるんです。

 そのように、足から人の身体の状態やメンタルの部分、生活習慣などを見ていきながら、健康な身体づくりを求めていくのが当サロンのノウハウであり、独自性の部分です。他のフットケアサロンが持たないそうしたスキルをスタッフには教え込んでいきますから、当サロンの従業員の独立率は非常に高いんですよ。独立することで、子供と一緒に過ごす時間がとれたり、育児と仕事の両立がうまくいくようですね。

著名経営者

  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦
  • MOVIDA JAPAN株式会社

    孫 泰蔵
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸

プロフィール

  • お名前西谷 裕子
  • お名前(ふりがな)にしたに ゆうこ
  • 出身神奈川県 横浜市
  • 血液型B型
  • 趣味読書、映画・美術鑑賞、旅行
  • 家族夫、娘2人
  • 今までに訪れた国20ヵ国
  • 座右の銘人生は一度きり
  • 好きな言葉ありがとう
  • 思い出に残るプレゼントボールペン、娘からの手紙
  • もし生まれ変わったら?歯科医
  • 好きなお花白色チューリップ
  • 好きな漢字一文字