ニッポンの社長

ニッポンの社長 > しらかば動物病院(株式会社ベトライフ) 院長・獣医師 宇井 貴之

しらかば動物病院(株式会社ベトライフ) 院長・獣医師 宇井 貴之

長く安心して働ける環境で 一緒に獣医師としての高みを目指したい

ペットはもはや家族同然という人も多くなり、とくにイヌとネコは世代を問わず多くの人に愛され続けている。それに比例して動物病院が増えていくなか、千葉県船橋市に10年前に開設されたのが「しらかば動物病院」だ。地域に根差したかかりつけ医として、真摯な治療が地元の飼い主の信頼を集め、イヌ・ネコを中心に確かな医療を提供する同院。法人組織にして、獣医師や看護師などスタッフの「働きやすさ」に注力している点にも定評があるという。いま新卒を中心に獣医師を募集する、同院の強みと魅力について宇井院長に聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 船橋市の「新船橋」駅前にある「しらかば動物病院」を運営し、イヌ・ネコを中心に地域に根差した医療を提供しています。

 地域の「かかりつけ医」として、日々の診療はもちろん、高度医療や新しい技術の取得に力を入れながら様々な疾患に対応。「個々に合った問診・診察」と「個々に合った専門性の高い治療の実施」、「カウンセリングとインフォームドコンセントの実施」の3つをコンセプトに、幅広い獣医療を地域で展開しています。

― 宇井院長が動物病院を開業しようと思ったきっかけを教えてください。

 ある動物病院で見習い獣医師として働いていたときに治療に当たった、パグ犬とそのご家族との出会いがきっかけの一つになりました。

 ひどいてんかんに見舞われ、発作が止まらない状態で、他の病院から転院する形で夜間に来院。そのお宅ではご家族の皆さんが交替で、寝たきりのパグを24時間体制で看病しておられました。

 私はそれまで、「獣医師は病気を治せばいい」との意識が強かったのですが、パグを家族同然にとらえる皆さんの献身的な姿を見て、「こうした飼い主の方々の助けになるような獣医療を自分で提供したい」と考えるようになったのです。

 その後は私が主治医として担当し、発作が起きにくい状態に改善でき、ご家族からもとても喜んでもらえました。そして自分が開業したあとも、「先生にぜひお願いしたい」とご家族から連絡をもらい、引き続き私のほうで診させてもらったのです。

― 開業してどのような医療を実践したいと考えたのですか。

 飼い主さんの思いに報いるために、ベストを尽くせる医療をしたいと強く思いました。

 その動物に適した治療は、個体によってそれぞれ違います。だからこそ自分で考えた治療法を行いたいのですが、病院の方針に合わないものだとやれないんですね。

 治療法にAとBがある時に、その病院はAしかやらない。でもAで結果が出ないのなら、一方のBを試したいと思うのは当たり前です。それが収益性の問題などで、病院の方針と違えばできないという葛藤が常にありました。

 そんな時に出会ったパグ犬の治療を通じて、自分が信じる医療を提供することが、飼い主さんの思いに応えることになるという確信につながったんです。

 人間の治療ではガイドラインがありますが、動物にはそれがなく、獣医師のさじ加減で大きく変わってきます。動物自身、そして飼い主さんのために、自分で考える治療を思い切ってやりたいとの思いで開業しました。

著名経営者

  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子
  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社IDOM(旧:株式会社ガリバーインターナショナル)

    羽鳥 兼市

プロフィール

  • お名前宇井 貴之
  • お名前(ふりがな)うい たかゆき