ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社グロウス 代表取締役 井上 健一

― 起業の経緯を教えてください。

 私はもともと、地元の医薬品卸会社の社員としてクリニックの先生方とお付き合いをさせてもらっていたんです。医療機器の販売も行っていて、卸業者として部分的な開業のお手伝いを行っていました。

 そうした中で、院長1人が新規開業に関するすべての業務や雑務を一人で抱え、四苦八苦している姿をいくつも見ていたんですね。

 ある時、新たにクリニックをオープンした先生と出会い、「うちの開業を手伝ってくれないだろうか」と相談されたんです。営業面でもお世話になっていた先生でしたし、「私で良ければ」と、事務長代わりに開業のサポートを行っていきました。

 それが、私にとってのきっかけになりました。

 院長には本来の仕事である医療に専念してもらうためにも、開業に関連する付帯業務は外部のコンサルタントに任せた方がいい。その業務を担うビジネスで独立すれば、クリニックに貢献できる仕事として確立できるのではないかと考えたのです。そして2001年に当社を設立しました。

― 大切にされていることは何でしょうか。

 開業する先生と同じ目線に立ち、常にクリニックへの貢献を考えて行動することですね。

 当社のコンサルティングは、決して机上だけのものでなく、開業において必要な行動を惜しまず提供し、クリニックがいちばん良い環境で開業できることを目指していく姿勢がぶれることがありません。

 何事も決して妥協せず、あきらめない。行政の難しい申請も、できることをすべて実行し実現のために奔走します。常に実行する、行動することで開業をレールに乗せていくことが当社のスタイルです。

― 今後のビジョンを教えてください。

 今後も北海道に根差した医業開業コンサルティングにこだわり、医業の開業支援に関するあらゆるサービスが、この北海道で完結する仕組みを作りたいと考えています。

 たとえば、医師開業コンサルティングの協会といった組織を立ち上げ、医業開業に関連するセミナーを開催したり、士業の方に集まってもらって会員をサポートする組みを作ることも考えられるでしょう。


 地域のために、北海道に根差した医業開業支援のスキームを作りたいのです。

 北海道も札幌以外はまだまだ開業医が足りません。地域の医療環境の充実、医業のサポートに力を入れていきたいですね。

■ 井上 健一 (いのうえ けんいち)

昭和45年、北海道札幌市生まれ。もともと医薬品卸業会社の一員として、クリニックの院長や医師とつながりをもっていた中で、ノウハウなどを蓄えたあとに独立し、2001年に株式会社グロウスを札幌市に設立した。創業以来15年を経過し、今では札幌市の医業開業コンサルティング業で多くの人たちに知られる存在に成長。北海道エリアを重視した地域密着戦略で医師の開業をサポートし、多くの院長たちから信頼を集めている。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 澤田ホールディングス株式会社

    澤田 秀雄
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • 株式会社壱番屋

    宗次 德二

プロフィール

  • お名前井上 健一
  • お名前(ふりがな)いのうえ けんいち