ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 春駒交通 代表取締役社長 茂村 幹彦

春駒交通 代表取締役社長 茂村 幹彦

業界でもっとも社員満足度が高い会社を目指す

「人生を再スタートできる土台がこの業界にある」―。こう断言するのは都内中堅の老舗タクシー会社、春駒交通株式會社代表の茂村氏だ。ときに「3K職種の代表」ともいわれるタクシー乗務員の仕事だが、同社の想い・充実した福利厚生・透明で公平・公正な給与体系、そして同社乗務員たちの「再出発ストーリー」を知ると、そうした見方は固定観念のひとつにすぎないことがわかる。「一人ひとりの社員を家族同然に思っている」と語る茂村氏に、同社での働き方、社員への想いなどを聞いた。

― 御社は都内中堅規模の老舗タクシー会社です。まず会社概要を教えてください。

 創業は1951年。第1回紅白歌合戦の放送が始まったほか、プロ野球初のオールスター戦が開催された年で、日本が戦後の混乱から立ち上がりつつある頃です。こうした時期に事業を開始した当社は、一人ひとりの社員が目標を達成する努力を惜しまず、前進する信念と勇気を持ち、効率的な手段・方法を追求することができる企業として、創業以来、何事にも前向きに取り組んでまいりました。

 現在(注・2016年11月末現在)の従業員数は約410名で、タクシー128台、ハイヤー2台を保有しています。タクシー事業のほかに、車両整備・中古車販売事業、パーキングエリア運営なども行っています。

― タクシー・ハイヤーは許認可事業で、基本的に同一エリア同一料金であるなど、外部からは各社の違いがなかなかわかりません。「他社とはココが違う」といった、御社ならではの特徴を聞かせてください。

 観光やケアタクシーといった新しいサービスと、これらを担う次世代人材の育成に力を入れています。また、働くドライバーにとっては、多様な働き方ができる点だと思います。乗務員を希望される方には、バリバリと働いて大いに稼ぐことを目指す人もいれば、「自分のペースで働きたい」という方もいます。当社では、そのどちらの働き方も実現できます。

 まず「大いに稼ぐ」ことができる理由からお話ししましょう。当社は東京都内でも抜群のブランド力を持つ「日本交通グループ」の1社です。同グループでは、大手商業施設、有名ホテル、総合病院など、都内30ヵ所以上に専用のタクシー乗り場を持ち、それを独占的に利用できます。専用のタクシーチケットもあります。そのため、日本交通グループを指名するお客様も多く、顧客基盤がしっかりしています。ですから、大いに稼ぎたい人にはうってつけの条件が整っていると言えるでしょう。

 また、当社は大きすぎず、小さすぎずの中堅規模なので、一人ひとりの事情に応じた対応や、細かいケアが可能。大きな会社では許されなくても、当社では柔軟な働き方ができます。親の介護や子育てなど、さまざまな事情を抱えて仕事と私生活の両立を図らなければならない人にとっても働きやすい環境があります。

著名経営者

  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明

プロフィール

  • お名前茂村 幹彦
  • お名前(ふりがな)しげむら みきひこ
  • 出身東京都
  • 血液型O型
  • 平均睡眠時間8時間
  • 平均起床時間4時50分
  • 趣味サックス
  • 好きな食べ物うなぎ、寿司
  • 嫌いな食べ物ほや
  • 好きな言葉一意専心
  • 好きなスポーツスキー
  • 好きな映画007シリーズ
  • 好きな音楽ジャズ
  • 休日の過ごし方散歩、寺巡り
  • オススメの飲食店竹雀(菅生パーキングのおこわ専門店)