ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社イデアル 代表取締役 薄葉 直也

株式会社イデアル 代表取締役 薄葉 直也

「理想の会社」を追求し永続的に伸びる組織を作る

創業以来、6期連続増収と止まることなく成長を続けるイデアル。事業用不動産サービスの業界において、店舗物件の仲介という難易度の高い業態に果敢に挑戦し、他社を寄せ付けないノウハウでリーディングカンパニーの座を狙っている。その成長の要因は、最大の武器である若い人材の力。現場で磨きをかけた勢いのある個々の営業力が組織としての強みを発揮し、同社を次なるステージへと押し上げようとしている。確固たる人材哲学にもとづき同社を率いる代表の薄葉氏に、成長の背景について聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 店舗とオフィスの仲介を中心とした事業用不動産サービスを行っています。そのなかで、当社の特長はとくに店舗物件の仲介に力を入れている点です。多くの不動産仲介会社はオフィス物件のみを扱う場合がほとんどですが、当社の場合は7:3の割合で店舗のほうが多いのです。そもそも両方のサービスを行っている不動産会社はほとんどなく、店舗とオフィス仲介のいずれのノウハウも有していることは大きな強みとなっています。

― なぜ店舗仲介を扱う不動産会社は少ないのですか。

 物件の情報がアンダーグラウンドのまま表に出てこないことが多く、仲介ビジネスとして非常に難しいからです。反面、オフィス仲介は情報がオープンで、たとえばネット検索でも十分に得られて誰でも容易にビジネスになります。そこが大きな違いです。

 店舗の情報で表に出てくるものは、「出回り物件」といって価値の低いものがほとんど。物件の絶対数が少なく、人気があるために積極的に募集する必要もありません。有力情報の多くは地元の零細不動産会社に入り、良い場所であれば即座にテナントが決まってしまうのです。

 そうした難しさを伴うだけに店舗仲介は参入企業が少ないのですが、私は逆に魅力があると思いました。不動産業界全体でいえば三井や住友などチャンピオンがいます。しかし店舗業界に限ればチャンピオンがいません。われわれにも十分チャンスがあると考えたのです。

― 店舗の物件情報はどのようにして得るのですか?

 情報が表に出てきませんから、足で稼ぐしかありません。登記簿謄本を使って調べたり、あの手この手で地道に集めていきます。

 私たちは創業以来の6年間にわたって、大きな労力を使って優良な店舗情報の収集を行ってきました。その結果、他社が追随できない膨大な量のデータベースを作り上げることができたのです。1都3県の各駅エリアを網羅した店舗情報の数ではおそらく当社が首都圏でも一番だと自負しています。

著名経営者

  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • エン・ジャパン株式会社

    越智 通勝
  • マネックスグループ株式会社

    松本 大
  • シダックス株式会社

    志太 勤
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫

プロフィール

  • お名前薄葉 直也
  • お名前(ふりがな)うすば なおや
  • 出身埼玉県
  • 身長172cm
  • 体重60kg
  • 血液型B型
  • 平均睡眠時間5時間
  • 平均起床時間7時
  • 趣味フットサル・ゴルフ
  • おススメ本『自助論』S・スマイルズ著
  • 両親の職業自営業
  • 嫌いな食べ物牡蠣
  • 好きなスポーツサッカー
  • 好きな映画『マトリックス』『スターウォーズ』
  • 好きなミュージシャンMr.Children
  • 思い出に残るプレゼント社員からもらった色紙
  • いま欲しいプレゼントソファー
  • 休日の過ごし方家族と過ごす
  • オススメの飲食店鳥茂
  • 出身校帝京高校