ニッポンの社長

ニッポンの社長 > イマジン・グローバル・ケア株式会社 代表取締役 保健学博士 木下 弘貴

イマジン・グローバル・ケア株式会社 代表取締役 保健学博士 木下 弘貴

革新的な製品を通じて世界中の人々の「健康」に貢献する

「ブロリコ」は東京大学との共同研究により、世界で初めて発見された新規の健康食品成分で、臨床試験によってその効果も実証されている。2012年に発売以来、多くの支持を得て、90%という驚異的なリピート率を実現。三菱東京UFJ銀行より「先端医療・医薬品・医療機器」部門の最優秀賞を受賞するなど各方面でも評価を獲得している。代表の木下氏に、開発の経緯や経営者としての想い、今後のビジョンなどを聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 当社は、「革新的な製品を通じて、世界の人々を幸せにすること」をビジョンに、革新的な機能性食品を開発し、製造、販売までを一貫して行うという機能性食品事業を進めています。事業を始めたきっかけは、慢性疾患に対する薬物療法に限界を感じたためです。当時、私は1店舗から調剤薬局を立ち上げ、最終的には110店舗までチェーンを広げていました。経営していた調剤薬局の顧客の大半を占めていたのは、慢性疾患の患者さんでした。高血圧や糖尿病、脂質異常症などの慢性疾患に対する薬は、病気そのものを治すものではなく、あくまで対症療法です。病気を改善にするには、食事、運動などの生活習慣を見直すことが重要になります。しかし、誰にとっても、生活習慣を変えることは容易ではありません。そこで、注目したのが、健康の維持ををサポートする機能性食品でした。

― 木下さんは30歳の時に、東京大学医学部大学院に入られ、現在も客員研究員を務められています。それはどんな動機からだったのですか。

 私自身はもともと文系の出身で銀行勤務をしていたこともあり、調剤薬局の経営をしていたとはいえ、薬学の専門的な知識はありませんでした。そこで、自分の専門的な知識を高めようという気持ちから入学しました。その時出会ったのが東京大学薬学部の関水和久教授でした。関水教授がカイコを実験動物として使って、医薬品や機能性食品の開発を行っていることを知り、共同研究を申込み、自身の資金で機能性食品の開発に着手しました。それがブロッコリーから世界で初めて発見された健康成分「ブロリコ」につながったのです。

― そもそも「ブロリコ」とはどのようなものなのでしょうか。

 ブロリコはポリフェノールやリコピン、イソフラボンなどと同じようにいわゆるファイトケミカルの一種です。ファイトケミカルは、動物のように自ら移動して、強い紫外線や風雨から身を守ることができない植物が酸化や外敵から身を守るために生み出した自己防衛成分です。動物には作り出せないファイトケミカルを摂取することが、人間の健康にも大変有用な効果をもたらすことがわかってきました。また、東京大学が行った研究により、ブロリコが持つパワーが先ほど上げた成分ように既に知られているファイトケミカルと比べても大変大きいことがわかったのです。実際にブロリコを飲まれているお客様からはさまざまな感想が毎日何十通も寄せられています。

著名経営者

  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫

プロフィール

  • お名前木下 弘貴
  • お名前(ふりがな)きのした ひろき
  • 出身東京都
  • 趣味トライアスロン、マラソン
  • 今までに訪れた国30ヵ国
  • 座右の銘一流の知性とは2つの相反することを同時に成り立たせる能力だ  by Scott Fitzgerald
  • 出身校早稲田大学、東京大学大学院