ニッポンの社長

ニッポンの社長 > イマジン・グローバル・ケア株式会社 代表取締役 保健学博士 木下 弘貴

― 調剤薬局を全国110店舗まで広げられ、そのまま事業をしていても良かったはずです。それを敢えて投げ打ち、「ブロリコ」の開発に情熱を傾けられたその原動力は何だったのですか。

 やはり、革新的な製品を世に送り出し、世界の人々の健康に貢献し、世界を変えるような仕事をしたいという強い想いです。たとえば、調剤薬局の場合は、他社との競争で、自分たちがその病院の近くに薬局を出さなければ、誰かが出すだけのことです。いわば、いくらでも代わりがあるのです。しかし、今回私たちが開発した「ブロリコ」は、今までにない新しい価値を創り出すということなので、私たちにしかできない。代わりはないのです。そういう意味では、調剤薬局をやったときよりも、今のほうが、はるかにやりがいがありますし、楽しく仕事もさせてもらっています。

― 今後の展開について教えてください。

 今後は、「ブロリコ」を世界に広めていきたい。そのために、まずは世界最大のマーケットであるアメリカからということで、2014年10月からアメリカでの販売を開始しました。現在は月の半分以上を現地で過ごしています。私たちのようなインターネットビジネスはCPA(顧客獲得コスト)とリピート率が鍵になります。アメリカではブロッコリーそのものがスーパーフーズとして注目されており、リピート率も日本と同様に90%くらいになってきていますので、かなり手応えを感じています。実は当社には韓国人の社員がいて、すでに韓国語サイトを立ち上げ、韓国でも売上が立っています。また、アメリカのサイトにイタリアやニュージーランドから買いに来るということもあり、順次欧州やアジアへも広げていきたいと考えています。

― 御社ではダイバシティが進んでいるそうですね。

 良質なサービスを提供するためには、まず社員がイキイキと働いていないといけません。当社では、女性の比率が8割で、子どもを持ったお母さんたちを積極的に採用して、就労機会を広げています。時短で働くことや、在宅勤務をしてもらうことで子育てと仕事が両立できるような環境を用意しているのです。現在、事業所内託児・教育施設を作ることも検討しています。また、外国人の比率が半数を占めており、様々な国籍の社員がいて、オフィスはとてもインターナショナルです。一つの家族のような仲間たちと、予防を通じて世界の健康寿命を延ばしていくことを使命に、これからもオンリーワンの革新的な製品を開発し、世界中に販売していけたらと思っています。

■ 木下 弘貴 (きのした ひろき)

1967年1月15日生まれ。90年、早稲田大学政治経済学部を卒業後、三菱信託銀行勤務。97年、調剤薬局を開設。チェーン展開させ、わずか15年で110店舗に拡大させた。98年、30歳の時に東京大学大学院医学系研究科に進学し、保健学博士の学位を取得。現在も同大学院医学系研究科の客員研究員を務めている。2007年、イマジン・グローバル・ケア株式会社を設立。東京大学と機能性食品の共同研究を始め、ブロッコリーを原料とした健康成分ブロリコの抽出に成功、2012年から健康食品「ブロリコ」販売を開始した。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋
  • 京セラ株式会社

    稲盛 和夫
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正

プロフィール

  • お名前木下 弘貴
  • お名前(ふりがな)きのした ひろき
  • 出身東京都
  • 趣味トライアスロン、マラソン
  • 今までに訪れた国30ヵ国
  • 座右の銘一流の知性とは2つの相反することを同時に成り立たせる能力だ  by Scott Fitzgerald
  • 出身校早稲田大学、東京大学大学院