ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インフィニット・酒スクール 代表 菅田 ゆう

インフィニット・酒スクール 代表 菅田 ゆう

酒が創る食文化で日本と地方を活性化する

その国それぞれに料理の固有の文化があるように、酒の嗜好も国によって様々。私たちの食文化を形作る上で、酒は欠かすことのできない重要なポジションを占めてきた。そうした酒のもつ魅力を生かし、料理の引き立て方や酒を使ったコミュニケーション術、また地方創生など、新たな価値の創出に取り組むのが「インフィニット・酒スクール」だ。酒類と食の専門知識を高いレベルで提供し、真のプロフェッショナルの育成に情熱を傾ける同スクールの取り組みについて、代表の菅田氏に話を聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 ワインや日本酒、チーズを中心とする酒類と食の専門知識を提供する専門校「インフィニット・酒スクール」を運営しています。ほかに酒類や食に関する講師の派遣や、お酒に関するカルチャー教室の開催をなども事業として行っています。

 「インフィニット・酒スクール」では、基礎的な学びから専門的な知識の提供、そして生徒同士の交流を深めるための様々なイベントも開催。また酒類に関する資格取得への対策講座も授業の中で行っています。

 カリキュラムには初級・中級・上級・プロの各コースがあり、それぞれを修了していくことで次のコースへとランクアップしていきます。従来は中級コース以上のコース設定だったのですが、ビギナー向けの初級コースを今年開設し、今後は初心者も積極的に募集していきたいと考えています。

― スクールの特徴や強みについて教えてください。

 年間受講講座による通常のレッスンの他に、マンツーマンでのレッスンを行っている点が挙げられます。

 酒類に関する専門スクールでマンツーマンのトレーニングプログラムを用意しているところはほとんどありません。当スクールではレッスン自体を生徒自身の要望に応じて柔軟にカスタマイズし、完全予約制で実施します。納得のいく学びを自分に合わせたスケジュールの中で得ることができます。

 マンツーマンのレッスンでは、特にテイスティングに力を入れて徹底的に指導します。お酒を深く理解していくためにはテイスティングによる評価が不可欠。このトレーニングに力を入れることによって、酒類に関する総合力をレベルアップすることができます。

― どのような意識の人がスクールに学びに来ていますか。

 テイスティングに関する専門的なレッスンに見られるように、当スクールでの学びのレベルは非常に高く、すでにある程度の知見や資格をもつ中級以上の方に、より深いスキルを提供していくことができます。お酒に関する専門的な知識や経験を一定以上もち、さらなる高みを目指して来られる方が多いですね。

 たとえば、民間の専門団体が認定している「きき酒師」、卓越したテイスティング能力を持つ「酒匠」といった資格を持つ方々が、一層のブラッシュアップを図るために当スクールに学びに来られているほどです。

 また、蔵元で営業に従事する方もスクールを受講していて、全てのコースで科学的な側面からの醸造の仕組みも教えています。そこで使う資料は大学や企業の研究チームや国や県の出先機関が公開しているレベルのもの。正しく信頼ある研究情報を使うことにこだわりがあります。ほかに当スクールでは「マリアージュ相性探究会」と称して、日本酒やワインと料理との相性を理論立てて探究する場として、実際に受講生と一緒に都内の料理店を訪れています。料理と合いそうなお酒はどのような特性を持っているかを学んでもらっていますね。

著名経営者

  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明

プロフィール

  • お名前菅田 ゆう
  • お名前(ふりがな)すがた ゆう
  • 出身福井県
  • 趣味食べ歩き
  • 両親の職業ホテルマン
  • 好きな食べ物
  • 好きなスポーツサッカー、野球
  • 休日の過ごし方ワインや日本酒の研究
  • オススメの飲食店みちば和食 銀座 たて野
  • 好きなお酒の銘柄黒龍 石田屋