ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社明和工作所 代表取締役 菊田 晴中

株式会社明和工作所 代表取締役 菊田 晴中

チャレンジする努力を惜しまない人、製造業界の第一線で仕事をしたい人に期待しています

 日本の製造業の価値が再構築され、優れた技術の多くが海外へ流出しつつある中、「MADE IN JAPAN」の誇りと魅力を放ち続け、挑戦を強みにしている老舗企業がある。今年で創業92年を迎える、広島県福山市の株式会社明和工作所だ。今後は意欲ある人材をもっと積極的に採用していきたいという同社の魅力を、3代目社長・菊田晴中氏と常務の菊田 九氏に聞いた。

― 事業内容について教えてください。

菊田社長: 当社では、産業機械の加工全般がメイン業務です。基本は切削・研削加工・組み立てを行っており、もともとの得意分野は造船向けの大型精密歯車ですが、最近では減速機のオーバーホールへウエイトを移しつつあり、航空機産業への参入など新規事業へも積極的に取り組んでいます。当社では、数ある競合の中で生き残っていくためにはニッチな市場へ挑戦していくことが大切だと考えており、専門知識をもつ設計スタッフも在籍しており、成長し続ける体質も構築しつつあります。

― 御社ならではの強みは何でしょうか?

菊田社長: 今年、当社は皆様のお陰で創立92年を迎えることができますが、今まで生き残れた理由として、三つあると考えています。一つめに「上場企業様との取引をしている」こと、二つめに「事業を広く浅くバランスのいいテリトリーで展開している」こと、そして三つめに基本的な姿勢ですが「約束を守り続ける」ことです。

 当社が上場企業との取引をする理由は、リスクヘッジです。小規模のお客様とのお取引に絞ってしまうと、不況になって仕事が途絶えてしまえば売上がゼロになりますが、上場企業だとそのリスクをかなり防ぐことができます。次に、広く浅い事業形態を基本姿勢としている理由もそれに近いのですが、業務領域の狭さによるビジネスチャンスの損失というリスクを防ぐためです。そして最後に約束を守ることというのは、当然ですが納期、品質に関してお客様からの期待を裏切らないということです。単純でいてとても難しいことです。

著名経営者

  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • 株式会社サイバーエージェント

    藤田 晋
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦

プロフィール

  • お名前菊田 晴中
  • お名前(ふりがな)きくた はるなか
  • 出身広島県福山市
  • 趣味野球見物、ゴルフ
  • おススメ本致知
  • 今までに訪れた国30ヵ国
  • 座右の銘一生懸命
  • 尊敬する人会社役員(どちらも死亡)
  • 尊敬する経営者松下幸之助
  • 尊敬する歴史上の人物豊臣秀吉
  • 好きな食べ物
  • 好きな言葉頑張ろう
  • 好きなスポーツ野球、ゴルフ
  • もし生まれ変わったら?今のまま
  • 休日の過ごし方ゴルフ、野球見物(テレビ)
  • 飼ってるペット