ニッポンの社長

ニッポンの社長 > LINE株式会社 代表取締役社長 森川 亮

LINE株式会社 代表取締役社長 森川 亮

ガラパゴス日本だからこそ世界的サービスが生まれた

サービス開始から約2年で全世界のユーザー数が1億6,000万人を超えた。スマートフォン(以下、スマホ)向け無料通話・メールアプリ「LINE」はFacebookやTwitterを上回るスピードで普及している。運営会社はもともと韓国No.1インターネット企業の日本法人。しかし、「LINE」は日本のなかで企画・開発・運営されている純国産のITサービス。それが世界的成功をかちとった理由はなにか。代表の森川氏に聞いた。

― サービス開始からユーザー数が1億人を突破するまで、わずか19ヵ月でした。「LINE」が支持されたのはなぜでしょう。

 スマホ向けの最適化を徹底的に追求して開発したからです。パソコン(以下、PC)や携帯電話(以下、ケータイ)でヒットしたサービスをそのまま転用するのではなく、スマホに最適なサービスをつくることにこだわりました。

 たとえば、IDによるログイン機能はつけていません。PCでもケータイでもID認証の必要なサービスは多い。たしかに、複数のユーザーが1台を共同で利用することが多いPCには必要かもしれません。でも、ケータイにそこまで厳重なセキュリティが必要なのか。ID認証が必要なケータイのアプリはユーザーから敬遠されているんです。だから、「LINE」にはつけなかった。電話番号だけで使えるんです。

 また、ケータイによるメールでは、顔文字、絵文字、デコメールと、どんどんビジュアルによる表現が豊かになっていきました。ならば、画面が大きいスマホでは、より大きな絵を使ってメールを作成するだろうと。そこから、ユーモラスなキャラクターの絵で感情を伝える「スタンプ」というアイデアが生まれたんです。

― 他社もスマホ向けサービスを提供しています。御社が抜きん出ることができた理由はなんですか。

 ケータイ向けではヒットサービスを生み出せなかったのが、かえって幸いしたからです。

 私たちはもともと、NHNJapanという「ハンゲーム」や検索サービス「NAVER」を提供する韓国企業の日本法人。ゲーム分野では、韓国で大ヒットしたオンラインゲームを日本市場向けにカスタマイズして、2000年から提供を始めました。

 3年目から急激に業績が伸び、PCオンラインゲーム市場ではNo.1に。しかし、2005年ごろからケータイのソーシャルゲーム市場が伸びてきた。そこでケータイゲーム市場にも参入しましたが、グリーやDeNAほどには成長しませんでした。

 一方、検索サービスでは、2007年にネイバージャパン株式会社を設立。2年後に「NAVER」を提供開始しましたが、すでに日本ではYahoo!やGoogleなどの検索サービスが圧倒的に強く、浸透していました。「NAVERまとめ」サービスはユーザーから支持されましたが、SNSとしての利用者数は伸び悩みました。

 モバイルへ端末がシフトするのにうまく乗れなかったんです。でも、試行錯誤のなかでデザイナーやエンジニアなど優秀な人材が集まり、ノウハウを蓄積できた。そんなときスマホが登場。成長市場になると直感しました。

― どのように対応したのですか。

 PCでもケータイでも、いちばんヒットしたサービスはメールをはじめとするコミュニケーションツールだった。そう分析して、「LINE」を開発するチームを立ち上げたのです。

 PCやケータイ向けのサービスでヒット商品をもっていた他社は、それをスマホ向けに転用するところが多かった。でも、それでは使いにくかったり、スマホならではの機能が組みこまれていない。一方、私たちはゼロからスマホ向けサービスを開発した。だから、差をつけることができたんです。

著名経営者

  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • 株式会社IDOM(旧:株式会社ガリバーインターナショナル)

    羽鳥 兼市
  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦

プロフィール

  • お名前森川 亮
  • お名前(ふりがな)もりかわ あきら
  • 出身神奈川県
  • 平均睡眠時間5時間
  • 平均起床時間7時
  • おススメ本『ビジョナリー・カンパニー4 』ジム・コリンズ、モートン・ハンセン(共著)
  • 今までに訪れた国17ヵ国
  • 座右の銘七転び八起き