ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ネクスト 代表取締役社長 井上 高志

株式会社ネクスト 代表取締役社長 井上 高志

利他主義を貫き、暮らしのインフラを創る

※下記はベンチャー通信35号(2008年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

【起業家の軌跡】

<人生のスイッチが「ON」になった>

 井上高志が「起業」を強烈に意識したのは、大学4年生の時。きっかけは当時つき合っていた彼女に振られたことだった。彼女は「ニュースキャスターを目指して、ニューヨークに留学する」と、夢を明確に持ち、その実現に向けて歩き出そうとしていた。一方、何かを成し遂げようという意志もなく、周囲に流されて生きていた井上。井上は自分自身の不甲斐なさにショックを受ける。そして、井上は中途半端でチャランポランだった自分に別れを告げ、「起業して、人生を賭けて大きなことを成し遂げよう」と決心。この時に井上は人生のスイッチを「OFF」から「ON」に切り替えた。

<起業の原点>

 大学を卒業後、井上は大手マンションデベロッパーのリクルートコスモス(現:コスモスイニシア)に入社。当時、リクルートコスモスは急成長を続けており、若いうちから大きな仕事を任されると評判だった。社会に出て5年以内に起業するつもりだった井上は、リクルートコスモスを修業の場と位置づけた。

 リクルートコスモス在籍時代、井上には今でも忘れられない出来事がある。ある若い夫婦に井上担当の新築マンションを気に入ってもらえた。しかし、残念ながら住宅ローンの審査が通らず、夫婦は購入を断念せざるを得なかった。契約できなかった夫婦の落胆ぶりは井上にも痛いほど分かった。そこで井上はその夫婦のニーズに合う物件を探し回り、競合他社の物件まで片っ端から夫婦に紹介。結果、その夫婦は競合他社のマンションを購入することになった。当然、それを知った上司からは大目玉を食らった。だが後日、その夫婦が井上のところにお礼を伝えに来てくれた。その時の夫婦の満面の笑顔を見て、「あらゆる不動産情報を提供する仕組みをつくり、この笑顔をもっと増やしたい」と思うようになった。これが後年、ネクストの「HOME’S」の事業へとつながっていった。まさに井上にとっての起業の原体験である。

 その後、平成バブル崩壊のあおりを受け、井上はリクルートコスモスの親会社であるリクルートに転籍。リクルートでは「全国No.1の営業成績を出す」と宣言し、その後に宣言通りに全国No.1を獲るなど、社会人としての修業を積む。そして当初の予定通り、社会人4年3ヶ月で退社して独立を果たした。

<「HOME’S」の誕生>

 「日本全国の不動産情報が全て網羅された仕組みをつくりあげたい」。リクルート退社後、井上はその実現に向けて頭を悩ませていた。そんな日々の中で、井上はインターネットと出会い、衝撃を受けた。このインターネットがあれば、時間・場所・コストの制約がなく、不動産情報の流通インフラをつくることができる。そう確信した井上は自らの手で住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」を立ち上げる。しかし、創業期は苦労の連続だった。「HOME’S」からの収益だけでは食べていけず、当初はシステム開発の仕事も受けた。昼は営業、夜はエンジニアと、井上は1人で2役をこなす日々。当然、休みなどない。毎日20時間以上、死に物狂いで働いた。結果、「HOME’S」の顧客数は少しずつ増加していき、ついに事業は軌道に乗ったかのように・・・見えた。

<ネクスト最大の危機>

 しかし設立5年目の2002年、危機は突然訪れた。「HOME’S」は競合他社に先駆けて事業をスタートしたにもかかわらず、加盟店数、掲載物件数ともに伸び悩み始めていた。そして、ついには後発企業に加盟店数を追い抜かれ、その差もジリジリと広げられつつあった。インターネットは情報量がモノを言う世界。「このままでは競合他社との競争から脱落してしまう」。危機感を募らせた井上は自ら営業本部長を兼任することを決意。そして全社員の前でこう宣言する。「現在の加盟1,000店を1年間で2倍に増やす。達成できなければ、社長を辞める」。井上は背水の陣を敷いて、再びNo.1の座を奪回することを誓ったのだ。

 そして、その目標を達成するため、井上は営業の仕組みを一新。従来までの「※プッシュ型営業」に加え「※プル型営業」を導入した。つまり、ネクストから不動産会社にアプローチするだけではなく、不動産会社からネクストに問い合わせが来るように営業戦略の大転換を図ったのだ。また、井上自身が営業現場に立つことで、社員の士気も高まった。

 結果、その年度末には加盟店数2,300店を突破し、ネクストは創業以来最大の危機を乗り越えたのだった。

<次のステージへ>

  会社設立から9年目、ネクストは東証マザーズへの上場を果たした。そして現在、「HOME’S」の加盟店数は約8,700店、掲載物件数は約100万件。「住宅情報ナビ」(リクルート)や「at home web」(アットホーム)など並み居る競合を抑えて、No.1の利用者数(※2008年3月3日付、日本経済新聞より)を誇っている。

 また、ネクストの事業展開は不動産だけにとどまらない。新規事業として始めた地域コミュニティサイト「Lococom(ロココム)」はすでに日本最大級の地域コミュニティサイトにまで成長。ネクストは、「住」を始めとして「学」、「働」、「楽」、「金」、「健康」をトータルにカバーする「暮らしのインフラ創り」へと突き進んでいる。ネクストはその社名にあるように「次へ、その次へ」と成長を続けている。

著名経営者

  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央
  • 京セラ株式会社

    稲盛 和夫
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二
  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫
  • 日清食品株式会社

    安藤 百福
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿

プロフィール

  • お名前井上 高志
  • お名前(ふりがな)いのうえ たかし
  • 出身東京都
  • 身長175cm
  • 体重74kg
  • 平均睡眠時間5時間
  • 平均起床時間7時
  • 趣味仕事・陶芸・そば打ち・アウトドア・家族サービス
  • おススメ本『ビジョナリー・カンパニー』
  • 購読雑誌週刊ダイヤモンド
  • 家族妻、息子1人
  • 今までに訪れた国10ヵ国
  • 座右の銘利他主義
  • 尊敬する人稲盛和夫、坂本竜馬
  • 好きな食べ物うに
  • 嫌いな食べ物なし
  • 乗っている車ハリアーハイブリット