ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社Nナビ 代表取締役 山岡 厚之

株式会社Nナビ 代表取締役 山岡 厚之

「質の高い人材力」で企業のビジネス加速化を支援

高校や大学を出て、「何がやりたいのかわからない」と自らの進路について思い悩む若者は多い。時間を持て余して「本気になれる何かが見つからない」毎日に不安を感じる・・・2012年の創業以来、独自の人材育成ノウハウで着実に成長を遂げるNナビの山岡代表も、そのような若者のひとりだったというから驚きだ。「虚無感」に支配される最悪の状況から、自ら道を切り開き、飛躍を手繰りで寄せてきた同代表を突き動かすのは、「どん底からの出発でも人は変われる」という信念だ。「能力は高いのにチャンスがなく埋もれている若者が多くいる、そんな若者にNナビというきっかけを通じて成功してほしい」と語る同代表のもとには、若い人材が集い、決して簡単ではない「営業」という仕事にチャレンジし、みな先陣をきって活躍している。どのようにして、営業未経験者を業界のトップランナーへと育て上げるのかNナビ流の人材育成術について話を聞いた。

― 御社の事業内容から教えてください。

 企業のビジネス支援を主な業務としており、ビジネスにおけるさまざまな問題解決のお手伝いをしています。ビジネス支援の中で、最も主軸となる営業支援事業においては、大手のクライアントさまと取引させて頂いております。

― 山岡社長が営業の仕事を始められたきっかけとは何だったのですか。

 まず高校卒業後、フリーターとして働くも、終わりの見えない単純作業の連続にやりがいを見いだせずに心身共に疲れ果て、楽しくない毎日の連続に、”大人になるのは無理だな”と本気で思いました。

 生まれて初めてこのような気持ちを持ち、働き続けていく事が辛くて苦しくて、大きな不安に襲われ、初めて真剣に「働く」というテーマと向き合いましたね。そのような時に、タイミングよく、友人の父親から「営業しろ、営業ができれば人生変わるぞ」と背中を押され、目の前にある不安を払拭したくて、これがダメならもう人生終わりだ!というくらいの意気込みで始めたのが、営業という仕事を始めたきっかけです。

 そこからは試練の連続でした。最初の仕事は人材紹介業界で業務委託の完全歩合で始めました。ただ営業未経験で実力や知識も全くなく入った会社では、全く何も教えてもらえず、仕事のやり方は盗むものだ!と、毎日怒られていました。4か月間1件も契約できず。不名誉な記録更新の毎日又、完全歩合なのでお給料も0円で、母にご飯をつくってもらい、こづかいをもらいつつ生きるという悲惨な状況でした。本当に悔しくて情けなくて、毎日泣いていました。
ただ絶対営業が出来るようになりたいという一心で、逃げないぞと決めていました。

 当時そんな自分へのペナルティーとして、毎日仕事の反省点と改善点を書き、その後1時間、暗闇で正座をするという謎の苦行をしていました。(笑)

 その結果が実を結び、6ヵ月目で一気に売上No.1になりました。努力は必ず結果に表れるという事を身をもって学びました。どんなに上手くいかない時にも、悔しいと思う気持ちを明日の行動につなげること、そのためには上手くいかなかった理由を分析し、「次の手」を自ら考え出すことが成果に繋がるのだと。当時はPDCAと言う言葉は聞いたこともなかったのですが、謎の苦行が結果的にメンタル管理と手法改善に繋がっていたのだなと思います。

― そこからどのように起業につながったのですか?

 実は以前にも一度、起業したことがあって。人材紹介業でNO1セールスになった後、手元にあるお金をつぎ込み、仲間と個人事務所を設立しました。全員、何の知識もなく経営は手探り状態、結果1年で撤退しました。この挫折があり、もっと大きなステージで学びたい、成功したいと思うようになり、22歳の時に上京しました。

 上京と同時に仲間8人でルームシェアをしました。毎日酒を酌み交わし夢を語り合っていましたね。志の高い仲間に恵まれ、自然とトップを目指そうと気持ちになり、30歳までに起業しようと決意しました。

 その為にはより密度の高いビジネス経験と学びが必要だと考え、どうせなら一番厳しそうな所が良いと思い、業界最大手の営業系ベンチャー企業に入社しました。1からビジネスを学ぼうと真剣に取り組んだ結果、入社4ヶ月目で全国トップのセールスを弾き出すことができました。その後5年間、新支店の設立やマネージャー業務などを任され、ビジネスマンとして得た経験は今でも財産です。そして、28歳の時にNナビを起業しました。

― 財産となったサラリーマン時代の経験とは何ですか?

 たくさんありますが、1つ挙げるとすればビジネスの世界で勝負をするという、覚悟を持てたことです。

 前職はベンチャー企業で、社長、役員との距離が非常に近い会社でした。とにかくハードワークで、いつ休むのだろう?というくらい社長、役員が働いていました。自分たちで会社を創り運営するという事はこういうことなんだ、狂気の世界だなと強烈に背中を見て学びました。この温度を知ったことが財産です。

著名経営者

  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子
  • マネックスグループ株式会社

    松本 大
  • 株式会社ドリームインキュベータ

    堀 紘一
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦

プロフィール

  • お名前山岡 厚之
  • お名前(ふりがな)やまおか あつし
  • 出身大阪府
  • 趣味ビジネス
  • おススメ本ゴルゴ13
  • 今までに訪れた国20ヵ国
  • 座右の銘男は逆境
  • 尊敬する歴史上の人物ヘレン・ケラー
  • 好きな食べ物パスタ
  • 嫌いな食べ物甘すぎるもの
  • 好きな言葉ありがとう
  • 好きな作家青木雄二・リリーフランキー
  • 好きな映画ザ・ビーチ
  • 好きな芸能人マツコ・デラックス
  • 好きな俳優小林 薫
  • 好きな女優ナタリーポートマン
  • 好きなミュージシャンボブ・マーリー
  • 好きな歌(曲)My Self
  • もし生まれ変わったら?女性
  • 休日の過ごし方
  • 好きなお酒の銘柄ウオッカ
  • 好きな漢字一文字