ニッポンの社長

ニッポンの社長 > フェニックス社労士事務所 代表 峯岸 陽子

フェニックス社労士事務所 代表 峯岸 陽子

自らの経験を踏まえ、歯科医院により良い職場環境をつくりたい

働きやすい職場づくりに欠かせないのが社会保険労務士(社労士)の存在だ。組織の労務管理において、良好な職場環境づくりや働き手のモチベーションを上げるための重要な役割を担う同職。そのなかで、歯科医院に特化した社労士業務を手掛けるのがフェニックス社労士事務所だ。代表の峯岸氏は自ら歯科衛生士の資格をもち、歯科医院に勤務した経験のある特別な強みをもつ。他の事務所にないノウハウの中身や事業への意気込みについて話を聞いた。

― 事務所の業務内容について教えてください。

 歯科医院・クリニックに特化した社労士業務を行っています。就業規則の策定や給与計算、労務管理のほか、人事制度や評価制度の構築など歯科医院の人事部のようなイメージで社労士業務を広くご提供。顧問契約をいただき、長く関わっていく形が多いですね。

 開業後数年が経過したあと、労務面の問題解決に向けて職場環境の改善を依頼いただくケースのほか、開業前からの制度構築を含めたあらゆるタイミングでの労務サポートを行っています。

― その中で御事務所が提供するサービスの特徴や強みは何でしょうか。

 私自身、歯科衛生士の資格をもち、過去に実際に歯科医院で雇用されていた経験および臨床経験を有している社労士である点です。もともと歯科衛生士として働いていた経験があることから、院長先生だけでなく現場のスタッフの気持ちを汲み取ることができるのが大きな強みでしょう。

 その経験を活かして、歯科業界にいたからこそ分かる業界の専門的な部分も院長先生と同じ目線で話すことができます。歯科衛生士がもつべき技術や資格、専門的な知識についても把握しており、的確なアドバイスやサポートができるのです。

 同時に歯科医院の実際の仕事に精通していることからも、労務問題の課題解決において、現場に即した手法を提供することが可能です。歯科医院に特化した社労士事務所だからこそ、業界特有の事例の蓄積も豊富であり、専門性の高いサービスを幅広くお客様に提供することができますね。

― 歯科衛生士としての現場経験が、実際にどう活かされていると感じますか。

 たとえばトラブルが起こっている際には、職場を少し見させてもらうと、スタッフの人間関係など問題の中身を即座に察知できることが多くありますね。自分が過去の職場で同じことを経験してきていますから、目や鼻が効くというか、抽出すべき問題点やその原因について素早く把握できるんです。

 そして課題を解決するために、スタッフの方に労務管理に関する改善点を説明していきますが、時には皆さんの反感を買うようなことも話さなければいけません。

 そんな時に、最初は敵対心いっぱいの目で見られていたのが、自分が歯科衛生士だったことやその当時の心境を話すと、聞く人の目の色がちょっと変わる、聞く態度が柔らかくなると感じることが多いんです。私自身、歯科医院の現場の難しさを体験してきていることで、スタッフと雑談などが普通にできる関係性になりやすいのはメリットでしょう。

 時には従業員の方から仕事の相談を受けることもあるなど、職場に受け入れられやすい点が、院長の考える職場づくりを実現するための手助けになることは多いですね。

著名経営者

  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • マネックスグループ株式会社

    松本 大

プロフィール

  • お名前峯岸 陽子
  • お名前(ふりがな)みねぎし ようこ