ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ライズエグゼクティブ 代表取締役 兼 ヘッドハンター 上原 尚博

― なぜそのような手間のかかる方法を行っているのですか。

 人材の丁寧な見極めによって、クライアントや転職者とっての雇用のミスマッチを防ぐことができるからです。

 他の多くのヘッドハンティング会社の方法は、大手転職サイトへの登録者にスカウトメールを送って求職者を探すのが普通です。そうした媒体を利用して転職する人は約400万人といわれていますが、一方で全ての労働人口は6200万人にのぼります。当社の場合は転職サイト市場に登場しない人材に声掛けをするわけで、限定された400万人の中からではなく、あくまでも6200万人全ての人材を対象に探すというスタンスなのです。

 確かに手間はかかりますが、実はヘッドハンティングに値する優れた人材は、こうした転職サイトの市場以外に埋もれていることのほうが多いのです。

 転職への具体的な意思表示はしていないものの、今の職場でくすぶっていて力を発揮できていない人材に火をつけるのが当社の手法であり、優秀な人材を発掘できる確度は高いものになります。

― 主な顧客事例を教えてください。

 岩手県盛岡市に本社がある地場のハウスメーカーの社長から「今後県外にも展開していきたいので、一緒に会社を大きくしてくれる管理職を獲得したい」という要望がありました。

 当社で営業・設計・施行管理の管理職を中心に20数名の人材を紹介し、その結果、最初はわずか社員2名だった会社が今では112名の規模となり、売上は20倍に伸びました。そして、携わって8年間になりますが、離職した紹介者は1人もいません。

 東北で拡大した拠点ごとのエリアに密着して人材を見極め、同社の社風や社長の想いに寄り添った人材をスカウトしていったことで定着率が高まり、継続的な企業成長が実現できたのです。

― 上原社長は人材をスカウトする際にどのような点に留意するのですか。

 ヘッドハンティングという形でお声掛けをしますが、最終的には転職者と受け入れ側の企業の意志がすべてです。

 つまり、ヘッドハンターの言葉に躍らされて転職を決めてしまうのはあまり望ましくなく、あくまでも本人の強い意志で新たな環境へと踏み出すことが重要なのです。

 相応しい判断をしていただくために、事実をしっかりと把握し、プロの目で見極めた情報をご本人やクライアント企業に正確に伝えることが私たちの役割です。

 私自身、10年におよぶ豊富な経験を有していますので、企業が直面する課題や、転職を希望される方の想いを見極める目には自信をもっています。お客様からも「上原が推薦するのなら会おう」と言っていただき、転職を果たした方が新たな環境で水を得た魚のように生き生きと仕事をされていく例は数多くありますね。

著名経営者

  • MOVIDA JAPAN株式会社

    孫 泰蔵
  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子

プロフィール

  • お名前上原 尚博
  • お名前(ふりがな)うえはら たかひろ
  • 出身栃木県
  • 身長181cm
  • 趣味手品、ペン回し
  • おススメ本木のいのち木のこころ
  • 家族妻、犬
  • 今までに訪れた国15ヵ国
  • 好きな食べ物高山ラーメン
  • 好きな歌(曲)Ka Nohona Pill Kai
  • オススメの飲食店盛楼閣(岩手県)
  • 自分だけの隠れ家弥生(青森県)