ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ライズサービス 代表取締役社長 南 篤志

― 技術者の技術力やヒューマンスキルを養う制度などがあればお話し下さい。

 弊社では全ての社員に対し、入社後3ヶ月間の研修期間を設けています。独自のカリキュラムを作り、マン・ツー・マンで教えます。それをこなせばWebシステム構築の基礎的な技術は一通り身に着きます。研修が終わると中堅メンバーとペアで現場に配属し、実践を通じて技術を磨いていきます。弊社の技術者は全て中途採用者ですが、経験者のみならず異業種からの転職者も在籍しています。例えば美容業界から未経験で入社し、3年後の今、常駐先で他社の新人技術者を教える立場に立っている者もいます。

 また弊社の研修にはもう1つの特徴があります。それは課題に必ず納期を設けていることです。予め設定したスケジュールに沿ってやり切ることを課し、もし間にあわなければ間に合わない理由を、自分自身で振り返らせます。そのようにして入社時から納期をしっかり意識させ、責任感を持たせます。それが他社の新人技術者とのヒューマンスキルの差に繋がりますが、もう1つ重要な要素がコミュニケーション能力です。それは採用のところで見極めています。

― コミュニケーション能力の有無が1つの採用基準だということですね。

 コミュニケーション能力は、弊社が採用の際に最も重視する要素です。技術は計算式のようなものなので、勉強すれば誰でも出来るようになります。しかしコミュニケーション能力は、幼少期から培われてきた性格にも関わるため、研修ではなかなか身に着きません。

 コミュニケーション能力の有無を見極めるために面接で私が注視していることは、きちんと目を見て話すことが出来るか、質問に対して的を射た回答が出来るか、またビジョンを持って回答しているか、といった基本的なことです。

 面接でコミュニケーション能力の有無を見極めて採用し、3か月間の研修で責任感を持った技術者に育てます。常駐先に配属される頃には「ライズサービスの技術者」としてのベースが出来上がります。これまで、新しく配属した技術者に対してクライアントからクレームが来たことはありません。

― 起業の経緯をお話し下さい。

 私は高校卒業後、コンピュータの知識と経営学が学べる短大で、起業も視野に入れた勉強をしていました。具体的に起業を決意したきっかけは、勤めていた会社が相次いで倒産したことです。新卒で入社したソフトハウスが1年半後に倒産し、次に入社した会社も約8か月後に倒産しました。その過程を見て、会社に頼って生きて行くことは出来ないと考えました。ただ、当時はコネクションがなかったため、3社目に転職して常駐案件に携わりながらコネクション作りに励みました。寝るのを惜しんで技術を学び、夜は飲み会に出て人脈を作りました。そして、24歳で個人事業主として独立すると、1人では回せない量の案件が来るようになりました。その案件をこなしながら資金を貯めて、2010年、東京で個人事業主として開業していた高校時代の同級生とともに起業しました。

― 前職までの経験の中で、今の経営に繋がっていることはありますか。

 社員のモチベーションを維持することの大切さを痛感しました。例えば納期が迫って来ると、みんなイライラし始めるわけです。残業代も出ないのに、上からプレッシャーだけかけられて、嫌々仕事をしているような状況になってしまいます。すると品質が落ちて、業績も落ちる一方となり、ついに倒産に至りました。私なら社員のモチベーション維持や働く環境を整えて、お客様にも満足できるサービス提供することができるだろう。その時のその想いが現在の経営に繋がっています。

著名経営者

  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦
  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • 株式会社壱番屋

    宗次 德二
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志

プロフィール

  • お名前南 篤志
  • お名前(ふりがな)みなみ あつし
  • 出身大阪府
  • 身長170cm
  • 平均睡眠時間4時間
  • 平均起床時間6時
  • 座右の銘為せば成る、為さねば成らぬ何事も
  • 尊敬する経営者前進し続ける経営者
  • 好きな食べ物和食全般
  • 嫌いな食べ物生クリーム
  • 好きなスポーツサッカー
  • 好きなミュージシャンhide
  • オススメの飲食店ル クロ ド マリアージュ