ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 合同会社エス・シー・エヌ 代表執行役社長 柴本 勉宏

合同会社エス・シー・エヌ 代表執行役社長 柴本 勉宏

人の可能性と能力を信じ、ITを未来への懸け橋のために使いこなす

大手企業の情報システム構築を手掛ける場合、多くは巨額のコストが必要になる。しかし、その全てが必要な機能かといえば、疑問符がつくことが少なくない。技術偏重で事象をとらえ、経営の視点が抜け落ちているために起こる無駄。その結果クライアントは、払わなくてもいいコストをいつの間にか負担させられている。エス・シー・エヌはそうした現状に警鐘を鳴らし、経営の視点から適正なシステム構築を手掛けるためのコンサルティングを行ってきたプロ集団だ。新たな境地へと事業の先を見据える柴本代表に、その思いを聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 経営視点で企業の情報システム部の運営最適化を図るコンサルティングをはじめ、情報システムの運用支援におけるアドバイザー機能の提供を幅広く行っています。ITを軸にした部門改革やBPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)を広範囲に担い、ITに精通する「ビジネスコラボレータ―」として、これまで多くの大手・中堅企業のアドバイザーとなって事業を展開してきました。

 私自身、この世界に身をおいて30年になりますが、実を申しますと、ITがあまり好きではないのです。情報システム部門の仕事に長く携わるなかで、ある違和感をずっと覚えてきたからです。

― どういうことですか。

 IT業界のベンダーならではの売上至上主義といったものに、ずっと馴染めなかったんです。どの業界でも似たような部分はありますが、特にシステムインテグレーターといわれるコンピュータの開発やプロダクトを販売するベンダーは、お客様にとってほとんど必要のないものもシステムの中に組み込んで売る傾向があります。

 本来であれば、コンピュータの導入は企業に利益を生み出すものであるはずなのに、見込みをはるかに上回るコストがかかって導入企業の経営を圧迫することが少なくありません。それはなぜかというと、売上至上主義で口先だけのお客様満足を唱え、本来必要でないシステムをあえて入れ込んでセールスをかけることが多いからです。そして失敗プロジェクトとなり、不要な追加費用が発生、だれも幸せにならないという最悪のパターンも繰り返される。

 よくビデオのリモコンに例えますが、使うのは「巻き戻し」と「再生」「早送り」だけなのに、よく分からない機能がズラリと付加されて、その分コストも上がってしまっている。それと同じで、例えば3,000万でできるシステム構築が、いつの間にか無用な付加価値をつけられて、1億円以上のコストになるという例が少なくないのです。

 これは大手企業を相手にするベンダーの多くが好む好まざるにかかわらず結果的に行っています。具体的にいえば「パッケージ」などです。つまり使わない機能も組み込まれている。しかし無い機能は作り込みとして追加費用が発生するという例です。そこに違和感をもつと、業界で浮いてしまう。私は自分がそんな仕事に加担することに違和感を持つとともに、本当の意味での「ITの活用」を、その仕組みを提供できるよう、自身の対お客様スタンスとしては常に一線を引いていました。

― そしてエス・シー・エヌを立ち上げたのですね。

 自分たちが心に描いていたものを具現化できる会社にしようと、2011年1月に起業しました。経営的な視点からシステムのあるべき姿を捉え、無駄を省き、余計なシステムはもちろん入れません。3,000万で可能なシステムであれば、その金額内で構築して適正な提供を行う。そうした行程をすべてチェックして、情報システム部の最適化を図るコンサルティングを行い、お客様の投資に対する効果性、そこから創出されるべき「本来の利益」を第一に考えたサービスや仕組み、要員を提供してきました。

 同時にシステム部門の健全化や最適化を図るには、そこに従事する人員の意識レベルを変え、上げていくことも不可欠です。IT業界の問題点の一つは、技術のことは一生懸命教えるものの、ビジネスマナーやコミュニケーションスキル、ヒューマンマネジメントなどについては採用時研修のみで、現場ではほとんど教育しない、出来ていないという点です。教える側の立場のマネジメント層ですら解っていないから「教えられない」という悪循環にはまっています。

 だから規模の大小にかかわらずプロジェクトを始動する時に、プロジェクトマネージャー(PM)にはなれても、ヒューマンマネジメント力やビジネスマネジメントが極端に弱く「お客様が求める人材は乏しい」ということになるのです。ITの知識と技術に加え、一定のビジネスセンス、いわゆるビジネスマネージャーの能力やセンスを有したPMを教育・育成することも私たちが重視する健全化、最適化の手法の一つです。

 私たちの事業はビジネスコンサルティングであり、他のシステムインテグレーターが情報システム部から入っていくところを、当社は社長や役員の方々など経営層や、経営企画といった方々を対象に経営的な切り口からアプローチします。また、IT重視ではなく「お客様のビジネス」に貢献できるご支援は何なのか、といった一般的なIT系企業とは違った対応を行っています。もちろんこれら以外もありますが、ここが他社とは大きく違う点ではないでしょうか。お客様との関係性を円滑に保ち、信頼関係を構築しながら技術の他にビジネスも共に考え、単なるコンサルティングではなく「お客様と共に汗をかくコンサルタント」を実践します。それが当社の「ビジネスコラボレータ―」としての役割です。

著名経営者

  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸
  • 株式会社ドリームインキュベータ

    堀 紘一
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛

プロフィール

  • お名前柴本 勉宏
  • お名前(ふりがな)しばもと かつひろ
  • 出身埼玉県
  • 血液型O型
  • 平均睡眠時間4時間
  • 趣味旅行、スポーツ観戦、映画鑑賞
  • 尊敬する人田中角栄、元内閣総理大臣
  • 尊敬する歴史上の人物織田信長
  • 好きなスポーツラグビー、スキー(アルペン)
  • 好きなミュージシャン矢沢永吉
  • 好きな歌(曲)バロック
  • 過去に戻れるならいつ?中学生
  • 休日の過ごし方土日であれば1日はひたすら寝る
  • 好きな漢字一文字