ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社新都心エージェンシー 代表取締役 安達 明正

株式会社新都心エージェンシー 代表取締役 安達 明正

顧客から常に頼られ選ばれ続ける圧倒的に強いプロ集団をつくる

1995年の設立以来、顧客の本業支援も含め、高い対応力で他社と差別化し信頼を勝ち得てきた損害保険代理店がある。現在、同社が取引する企業数は約1600社で、上場企業も40社にのぼる。代表の安達氏に、多くの企業から支持される理由、それを支える仕組み、今後の方針などについて聞いた。

― 御社の概要を教えてください。

 当社は1995年に創業した、三井住友海上の専属の損害保険代理店です。「損害保険を通じて企業の経済活動を下支えし、日本経済の発展に貢献する」という志のもと、法人のお客様約1600社を対象に、損害保険の提案のみならず、予防策としてのリスクコンサルティングやロスコントロール対策などを提供しています。

 現在、新宿本社を中心に、東京・狛江市、名古屋、大阪の3拠点で事業を展開。40名ほどの社員の半数近くが金融機関の出身者です。とくに再生可能エネルギー分野や介護業界はじめ特定マーケットに高い専門性を持った人材が数多く在籍しています。

 また、顧客満足度の向上策の一環として、2002年には社内体制を整備。損害保険代理店部門で品質管理システム国際規格ISO9001を取得して、現在も毎年更新を続けています。業務品質のレベルを担保し、お客様により良いサービスをお届けする努力を続けていきたいですね。

― 損害保険のなかで、どのような種目を扱っていますか。

 一般的には損害保険代理店では、種目別にみると自動車保険や火災保険の取り扱い比率が高いようです。しかし、当社の場合、企業の賠償責任保険をはじめ、利益保険、取引信用保険、それに輸出入に関する外航貨物海上保険などの種目が中心で、法人取引に特化しているのが特徴です。

― 世の中には数多くの損害保険代理店があります。そのなかでどのような強みがあるのでしょうか。

 それは「対応力」「問題解決力」だと思います。

 当社ではお客様のことを“よく知る”ことを大切にしています。お客様の本業に寄り添い、業務の中身をよく知り、その企業を取り巻くリスクを極力低減させる仕組みづくりや取り組みを提案できる点です。当社は三井住友海上の専属代理店として三井住友海上の保険商品の幅広く深い知識のみならず、保険会社との強力な連携による顧客向けのサービスメニューの活用ノウハウを持っていることも強みのひとつだと思います。

 また、販路拡大はじめ営業支援でもお客様から支持されていると思います。
当社では、月1回の営業マン会議の場でそれぞれが担当する顧客の課題や特色を発表し、営業部門全体でお客様の情報を共有し、課題解決や営業支援のためにお客様同士をご紹介するなど、新たなビジネスチャンスを生み出すお手伝いも積極的にさせていただいています。通常の損保代理店の役割を超えた試みではありますが、これまで数多くのビジネスマッチングを成功させています。

 また、弁護士や公認会計士、税理士、社労士などの士業を中心とした幅広いネットワークに加え、実務経験豊富な元大企業の経営者などの“顧問団”を構築しており、企業の様々な問題解決のアドバイスも行っています。

著名経営者

  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • マネックスグループ株式会社

    松本 大
  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦

プロフィール

  • お名前安達 明正
  • お名前(ふりがな)あだち あきまさ
  • 出身神奈川県
  • 身長178cm
  • 体重80kg
  • 血液型O型
  • 平均睡眠時間5時間
  • 平均起床時間6時
  • 趣味温泉めぐり(特に草津温泉)
  • 座右の銘明るく正しく夢を持って!
  • 好きな漢字一文字
  • 出身校明治大学