ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社翔栄 代表取締役社長 原田 芳史

株式会社翔栄 代表取締役社長 原田 芳史

声無き声への提案こそがプロフェッショナルとしての存在価値

インターネットの普及により、以前とは比較にならないほど個人が情報にアクセスできる機会も量も増えている。情報で武装することで、大企業だから、有名ブランドだからで選ぶ時代ではなく、個々の実力が厳しく問われる時代ともいえる。不動産業界にもそうした潮流は当然あり、株式会社翔栄の原田芳史社長は、新しい時代の不動産業を体現する経営者の一人。事業にかける思い、同社の強み、そして今後の展望について伺ってみた。

― まず御社の事業内容をお聞かせください。

 不動産業の中でもメインは売買です。土地を買取り戸建てを建てる、中古戸建てやマンションをリフォームして売却するのが中心となります。他にも賃貸仲介・管理などもやっております。やっていることは他の不動産業者と変わりませんが、弊社の場合、幅広い物件に対応できるのが特徴だと思います。建築に制限又は再建築が不可能である物件には手を出したがらない業者も沢山いますが、弊社はどんな物件であれ、付加価値を付ける事ができ、それを販売できる経験・ネットワークがあります。そこが特徴であり強みになっていると思います。

― なぜ、そうした強みを発揮できるのでしょうか。

 理由はいくつかありますが、市場を取り巻く環境が変わったことが大きいと思います。以前は、高額な不動産の売買は大手業者に任せるのが当然で、地場の小さな業者には賃貸仲介をメインにしているところが多くありました。でも現在は、大手の看板を掲げていれば安心して任せてもらえるという時代ではありません。情報のネットワーク化によって、個人でもいろんな情報にアクセスできるようになっています。お客様のモノを見る目、業者を見る目も肥えてきているため、看板ではなく個人の力量で選ばれる時代となっています。では個人の力量とは何かというと、不動産を売却される方へも購入される方へも、未知の提案ができ、その提案で満足をして頂けるかという事です。

 不動産を売却する場合、それは節税の為なのか、生活環境の変化によるものなのか、緊急性が高いのか低いのか等、様々な要素が絡むとお客様の心理状態は大きく変わります。不動産とは非常に高額であり、生活に必須なモノです。そういったモノを、ただ高いか安いかという単純な考え方で見るようであれば全くダメです。相場より高額で売却したとしても不満がある時もあれば、相場より低額で売却したとしても、とても感謝されるケースもあります。仮に全く同じ物件があったとしても、その不動産を売却されるお客様が違う人間であれば売却価格も変わります。不動産とはそういうモノなのです。お客様のご希望を、そのまま表面的に受け止め仕事をやってもダメです。お客様の声無きところに本当の希望というものがあるのです。そこを突き詰め、あらゆる視点から見つめ、そのお客様だけの真価を見出す事が必要です。

― 看板で選ばれる時代ではない、というのは興味深いですね。

 先程もお話しした通り、今の時代に、看板自体に以前のような威光はなく、個人の力量を信用したいというお客様が増えている事から、弊社のようにフットワークが軽く小回りが利き、信頼が出来るという会社が成長できるのです。また、私が高い利益率も求めていない為、弊社の商品は買主様に対し割安な価格で提示出来ております。弊社が売主として販売する物件の9割はインターネット等に載らず、非公開物件のまま売却しております。

著名経営者

  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦
  • 京セラ株式会社

    稲盛 和夫
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子
  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • 日清食品株式会社

    安藤 百福

プロフィール

  • お名前原田 芳史
  • お名前(ふりがな)はらだ よしふみ
  • 出身福岡県
  • 身長170cm
  • 体重65kg
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間8時
  • 趣味映画鑑賞・読書
  • 座右の銘情けは人の為ならず
  • 尊敬する人家族