ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社シンキオン・クリエイティブ 代表取締役 川崎 淳

株式会社シンキオン・クリエイティブ 代表取締役 川崎 淳

クリエイティブのチカラで 「共に豊か」になる

大阪駅に隣接するグランフロント大阪に本社オフィスを構えるシンキオン・クリエイティブ。洗練された美しさと最先端の設備を兼ね備えたオフィス環境に、同社の高いクリエイティビティの一端がよく表されている。Webインテグレーション事業で高いリピート率を誇る実力の源泉には、代表の川崎氏が大事にしてきた「人とのつながり」への想いが脈々と息づいている。東京にも進出を果たし、“腕のたつ制作プロダクション”と評価される同社の成長の要因について聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 Webを中心とした制作を手がけるプロダクションです。事業は2つあります。1つはお客様のWebサイトの企画制作から構築・運用をワンストップで担っていくWebインテグレーション。もう1つは、インターネット通販サイトの企画制作と運用を行うECソリューションです。

 在籍しているディレクターとデザイナーの6割強が女性です。だから、女性らしい柔らかで美しいデザインクリエイティブを得意としています。業種もコスメ、アパレル、ブライダルなどの高級感あふれるブランドサイトなど、スタイリッシュなデザインを重視するお客様に高く評価されていますね。

― 御社はリピーターが8割という高さと聞いています。支持されている要因はどこにあるのですか。

 単にWebサイトのデザイン制作という領域に留まらず、「お客さまと広範囲にわたるビジネスパートナーとして関わっていきたい」という想いを大事にしている点だと思います。

 制作業務を遂行してサイトをアップして終わり。そんな関係性ではなく、アップ後のビジネスの進捗や効果検証の結果をヒアリングしながら、お客様に向けて常に改善提案を行う。それを繰り返し、PDCAを回していく取り組みを欠かしません。企業の経営層が考えるような戦略的な領域で相談に乗ることも。そうやって、効果を最大化させていくための提案をし続けることを重要視しているのです。

 最近の例では、ウォーターサーバーを販売する企業のWeb制作を担当したときのこと。「他社との商品の差別化を図りたい」という要望に応えで、Webプロモーションに工夫を加えた提案をしました。

 単に「水が美味しい」という訴求ではなく、ウォーターサーバーを使うことでどのようにライフスタイルが豊かになるのかを示す、生活者目線のコンセプトに変えた。そしてモデルを使って都会の実生活でウォーターサーバーを使う姿を動画化。それを活用したプロモーションを展開しました。“生活を豊かにするための商品”という訴求に変えたことで、「新たなブランディングにつながった」と高評価をされました。

著名経営者

  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明

プロフィール

  • お名前川崎 淳
  • お名前(ふりがな)かわさき じゅん