ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社サントス 代表取締役社長 山本 秋彦

株式会社サントス 代表取締役社長 山本 秋彦

ドライバーが笑顔になれる環境をつくり、業界イメージを刷新したい

インターネット通販の隆盛もあり、いま運輸業界の人手不足は深刻という。現場の労働環境の厳しさや業務の多忙さから、十分に人材が集まらない苦悩を業界全体で抱えているのが実態のようだ。そうした現状に風穴を開けるべく、従業員満足度(ES)の追求に注力し、社員の仕事へのモチベーションを向上するための取り組みに徹底的にこだわる運輸会社が株式会社サントスだ。ドライバーとして自ら経験した負の想いをアンチテーゼに、運輸業界のイメージ改善に取り組む山本代表に話を聞いた。

― まずは、事業内容を教えてください。

 食品輸送を中心とした物流事業を行っており、入荷や庫内作業、出荷・配送、在庫管理やセンター業務に至るまでの一連の輸送業務、および輸送改善のご提案を含めた総合物流サービスを提供しています。

 関東とその周辺に11の拠点を配備し、約250台の車両を保有。300名を超える従業員が、主にスーパーやコンビニなどの小売りチェーンをはじめ、メーカーやレストランなどの食品物流を担っています。

― 創業17年にわたって成長を続ける理由はなんでしょうか。

 当社の創業者は、前職の会社でセブンイレブン1号店の立ち上げから食品物流に携わり、長くノウハウを積み重ねて食品輸送に精通してきました。

 食品の輸送はほかと違い、温度管理の徹底が必要である点など専門的なノウハウが欠かせません。食品に精通した高品質の輸送技術を有していることが要因のひとつでしょう。

 その一方で、私が会社の成長を図るうえでもっとも力を入れてきたものに、従業員満足(ES)の向上があります。

 人材がもっとも重要な経営資源であると位置づけ、従業員が自らの仕事に自信と誇りをもち、モチベーション高く業務にあたることで、必然的に仕事のクオリティはあがっていきます。そうした従業員満足度の追求こそが、当社がお客さまから高い信頼をいただき、会社としての成長を遂げてきたもっとも大切な要因であると考えています。

― 従業員満足の向上に努めようと考えたきっかけはなんだったのですか。

 私は代表に就任する際に、ドライバーの現場業務から経験をさせてもらったのですが、その際にとても大変な仕事であることを実感したんです。

 食品の配送業務は、深夜早朝に仕事をすることも多く、荷物を無事に送り届けるという責任の重い仕事です。にもかかわらず、事故なく運び終わっても、「当たり前」としか評価されず、ドライバーが費やした労力に対して感謝される場面はあまりありません。

 そうした状況を現場で知る中で、実はドライバー自身にも問題や課題があるのではないかと思うようになったのです。つまり、せっかく価値の高い仕事をしていても、ドライバー自身の振る舞いが良くないために、ちゃんとした評価につながらないのではないかと。

 たとえば、お客さまときちんと挨拶ができる、笑顔でコミュニケーションを取れる、身だしなみや立ち居振る舞いにも気を配るといった基本的なことができれば、「このドライバーにまかせておけば大丈夫」「信頼できる」「安心できる」という評価につながっていきます。

 従業員の意識やモチベーションを変え、お客さまからの評価があがり、仕事への感謝をいただけるようになれば、当然ドライバーの仕事への満足度や達成感もあがるのです。

 つまり、従業員満足度(ES)をあげていくためのプロセスが、そのまま人材の成長を後押しし、結果的にお客さまの満足にもつながっていくのではないかと考えたわけです。

著名経営者

  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • 澤田ホールディングス株式会社

    澤田 秀雄
  • 京セラ株式会社

    稲盛 和夫
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫

プロフィール

  • お名前山本 秋彦
  • お名前(ふりがな)やまもと あきひこ
  • 出身東京都
  • 身長170cm
  • 体重64kg
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間6時
  • 趣味野球 ゴルフ 旅行
  • 家族妻 長男長女
  • 今までに訪れた国6ヵ国
  • 尊敬する人イチロー
  • 好きな言葉飛躍
  • 休日の過ごし方ソフトボール
  • 出身校中央大学