ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 東京遊覧観光バス株式会社 代表取締役社長 石井 誠

― 石井代表が起業に至った経緯を教えてください。

 私は父親の影響で、観光バスの業界に子どもの頃から興味を抱いていました。そして28歳で単身上京し、観光バス会社に就職。そこで乗務員を6年近く経験し、運行管理者の国家資格を取得し、運行管理者として3年間勤務しました。

 その後、当社の前身となる会社に転職し、平成24年に分社化することになったのを契機に、経営を引き継ぎ独立したのです。

 当時、声をかけた社員全員から「社長についていきたい」という言葉をもらったことで、意を決して独立しました。

― どのようなバス会社を目指したいと考えましたか。

 人と人との繋がりを大事にしながら、社員全員が笑顔でいられる会社ですね。その意味でも、乗務員たちにはお客様との出会いを大切にしてほしいんです。

 「今日の運転手さん、とてもよかった」と言ってもらえると、本人もうれしいでしょうし、私も大きな喜びを感じます。お客様からのさまざまな声は社内の掲示板に貼り出し、みんなで励みにしているんですよ。

― 今後のビジョンについて教えてください。

 2020年の東京オリンピックを契機に、社名の「東京遊覧」の通り、東京の観光地を遊覧する定期観光バスの運行を実現したいと思います。

 はとバスやスカイバスなど、都内ではすでに定期観光バスが多数運行されていますが、東京にはまだまだ知られていない見どころがたくさんあります。

 古地図と照らしあわせて歴史に焦点を当てた企画や、下町グルメに特化したプラン、稲作をテーマに小学生を体験農場に連れていく企画など、考え出したらキリがありません。もっと東京の良さを知ってもらえるような、小回りがきく当社だからこその独自性のある商品開発をしていきたいですね。

 そのためにも今後、社内の旅行部門を事業部化したうえで、自社にて募集型企画旅行商品の開発と催行を実施していきます。

 商品の企画運営、運行とすべてが一つでまとまることによる利点を大きく生かした、当社ならではの地域密着型の旅行サービスをこれからも展開していくつもりです。

■ 石井 誠 (いしい まこと)

1972年、北海道生まれ。バスのドライバーだった父親を見て育ち、同じ道を歩みたいと考えるように。学校を出て運送会社に就職、トラックの運転技術を習得する。28歳のときに上京し、バスのドライバーとなり数多くの現場乗務を経験。5年後には運行管理者の国家資格を取得し、2008年に現在の東京遊覧観光バス㈱の前身となるバス会社に転職、管理職として活躍した。2012年の同社の分社化に合わせて当時の部下たちとともに独立、代表に就任。「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の3つ星を獲得するなど、安心・安全な観光バス会社として大きな信頼を集めている。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • クオンタムリープ株式会社

    出井 伸之
  • 株式会社ネクシィーズ

    近藤 太香巳
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫
  • 日清食品株式会社

    安藤 百福
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫

プロフィール

  • お名前石井 誠
  • お名前(ふりがな)いしい まこと
  • 出身北海道
  • 血液型AB型
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間7時
  • 趣味旅行・ゴルフ
  • 尊敬する経営者豊田喜一郎
  • 好きなスポーツテニス・ゴルフ