ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社トヨムラ医療総合研究所 代表取締役 豊村 信夫

― 開院支援について内容を少し詳しくお聞かせください。

 開院する意欲があっても、大学病院の先生方は猛烈に忙しいため、さまざまな面でのフォローが必要になります。開院する場所を決めるための診療圏調査を行ない、不動産業者との交渉、建築工事業者の選定や設計、施工に関するアドバイス。医療機器メーカー、販売業者の選定とアドバイスも必要です。金融機関に提出する事業計画書、収支計画書の作成を含め、資金調達のバックアップも重要になります。当然、保健所等へ届け出る資料の作成と提出支援も行ないますし、職員の採用や就業規則の作成など、人事・労務の面でのサポートも欠かせません。

― 開院後の支援にはどういうものがあるのでしょうか。

 前述したように、医師は医療の専門家であって経営の視点までお持ちの方は多くありません。金融機関との折衝、職員採用・教育、医療機器の購入やリース見直しのアドバイス、給与計算や評価制度の策定、各種社会保険の届け出から、レセプト(診療報酬明細書)の点検・作成指導も病院経営に欠かせない業務まで、あらゆる面で医師の事務負担を軽減するためのお手伝いを行ないます。

― 御社が支持される理由はどこにあると、豊村社長はお考えでしょうか。

 大きいのは、製薬会社のMR出身という私の経歴だと思います。薬はもちろん病気のこと、病院の組織と運営について把握していますし、いろんな先生方とおつき合いさせていただいてきました。知識と経験があり、先生方と同じ目線でいろんなお話ができる。医師というのは少し特殊で、価値観が一般の方々とは違います。また自尊心が強く、良くも悪くもわがままな部分も多々あります。でも、同じ目線ではっきりものごとを言い、それが理にかなったことであれば受け入れてもらえる。私は性格的に論理的に物事を考えて判断しますし、それをハッキリと申し上げる性格ですから、それがよかったのかも知れません。

 また当社の顧問契約では、その病院がどれだけ利益をあげても金額を変えていないため、常に客観的な視点でのアドバイスを心がけています。先生が新しい医療機器の購入に前向きでも、意味がないと思えばストップさせます。機械好きの先生はすぐ前のめりになりがちですが、アクセルに対してのブレーキ的な役割を我々が担う。そんな立ち位置を貫いていることも、評価につながっているのかもしれません。

― クライアントの地域に特徴はありますか?

 会社の所在地は埼玉県ですが、顧問先は埼玉に限らず東京、千葉、神奈川、首都圏全般にわたっています。以前は沖縄、北海道のクライアントもありましたが、今は首都圏に絞っています。顧問先にはそれぞれ担当のスタッフがおり、日常的な業務は個々のスタッフにまかせていますが、重要な判断が必要なときは私が出向きます。顧問契約をいただいている病医院はほぼ、順調に経営されていますね。

著名経営者

  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸
  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • マネックスグループ株式会社

    松本 大

プロフィール

  • お名前豊村 信夫
  • お名前(ふりがな)とよむら のぶお
  • 出身北海道
  • 身長168cm
  • 体重70kg
  • 血液型A型
  • 出身校日本大学