ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社ビラコチャ 代表取締役 北嶋 秀彦

株式会社ビラコチャ 代表取締役 北嶋 秀彦

目指すのはコミュニケーションを生み出すクリエイティブ

1997年、キッズ向け情報番組「おはスタ」のロゴ&ポスターの制作、そして「ポケモン」というビッグコンテンツとの出会いが、ビラコチャの運命を変えた。それまでのハードを扱うクリエイティブから、エンタテイメントを扱うクリエイティブへの転換。コンテンツに息吹を与える生きたグラフィック処理が、多くの子どもたちを笑顔にした。「ビラコチャ・マジック」といわれる独自のスキルで優れた広告制作を行ってきた同社は、2012年で創業15年を迎える。「コミュニケーションの創出」という新たな切り口で次代のデザインクリエイティブを見据える北嶋社長に、今後の事業展開への思いについて聞いた。

― 御社の事業内容を教えて下さい。

 広告宣伝の企画制作のほか、パンフレット、ノベルティなどSPツールの企画制作を得意にしています。さらに、コンテンツや商品、企業のブランディングをグラフィックの見地からご提案するなど、幅広い領域でのデザインプロモーションを行っています。

― 北嶋社長の起業の経緯について教えてください。

 前の会社でコピーライターとして仕事をしていた中で、優れたデザイナーとの出会いがあったのです。今も一緒に仕事をしていますが、伝えたイメージ以上のクリエイティブを必ず用意してくれる素晴らしいデザイナーです。ある日、その人から「仕事を辞めて故郷に帰る」という話を聞いたんですね。「今の会社ではもう続けられない」という彼を引き止めるために「会社を作ったら一緒にやってもらえる?」と説得したのが起業のきっかけです。

 97年に創業後、最初に巡り会った大きな仕事が、キッズ向け情報番組「おはスタ」(テレビ東京)のロゴとポスター制作の仕事でした。エンタテイメントを扱うクリエイティブに転換し、その後「ポケモン」というビッグコンテンツと出会います。98年公開の「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」で、タイトルからキービジュアル作成までを担当。以来、コンテンツ作品におけるロゴ制作からキービジュアル制作、そして公開までの広告物を、グラフィック・印刷管理・ノベルティ製作などの側面から創作する体制を整えてきました。

― 「おはスタ」、そして「ポケモン」というビッグコンテンツの広告制作に携わった経緯を教えてください。

 起業後8ヶ月くらいは売上もほとんどなく苦労していたのですが、ある日、お世話になっていたプロデューサーが、「後輩が新しい番組を立ち上げるから行ってみたら」と情報をくれたんです。それがテレビ東京の「おはスタ」でした。ある朝、電話が鳴りました。『「おはスタ」のロゴを明日までに考えてみて欲しい』という話でした。おそらく、「若い会社だし、試しに声をかけてみようか」ということだったのだと思います。慌ててロゴ案を考えて持っていったのですが、それが「いいじゃないの」と気に入ってもらえて。急いでポスターを作って欲しいというオーダーをいただいたのです。

 すると今度は、それを見た「ポケモン」映画のプロデューサーが「コンセプトを上手に表現している」と評価してくれたらしく、ポスター制作の提案機会をいただきました。それからは、人から人へという流れで仕事を紹介してもらい、気がつけば15年…という感じですね。

著名経営者

  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 日清食品株式会社

    安藤 百福
  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦

プロフィール

  • お名前北嶋 秀彦
  • お名前(ふりがな)きたじま ひでひこ
  • 出身東京都
  • 身長171cm
  • 体重68kg
  • 血液型O型
  • 平均睡眠時間5時間
  • 平均起床時間7時
  • 趣味ゴルフ、読書
  • 購読雑誌ダイヤモンド
  • 座右の銘艱難汝を玉とす
  • 尊敬する歴史上の人物齋藤道三
  • 好きな食べ物たまごかけご飯
  • 嫌いな食べ物春菊
  • 好きな作家伊集院静
  • 好きなスポーツゴルフ
  • 好きな映画ベティブルー
  • いま欲しいプレゼント何も考えない時間
  • もし生まれ変わったら?自分
  • 休日の過ごし方ゴルフ、走る、読む
  • 好きなお酒の銘柄日本のビール
  • 好きな漢字一文字