ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 行政書士 山地正朗 事務所 代表 山地 正朗

行政書士 山地正朗 事務所 代表 山地 正朗

誰からも気軽に相談してもらえる身近な行政書士でありたい

行政書士とは、役所に提出する許認可などの申請書類の作成や提出手続の代理、事実証明や契約書の作成などを行う役割を担う。その中で、行政書士山地正朗事務所は不動産関連の案件に大きな強みをもつ特色ある行政書士事務所である。不動産コンサルタントや弁護士の手に負えない難解な案件も解決した実績もある専門性の高さが支持され、多くの信頼を獲得してきた同事務所。実直で気さくな人柄で誰からも親しまれる山地代表に行政書士としての仕事の中身などを聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 不動産問題を全般に扱う行政書士事務所としてこれまで実績を重ねてきました。事業者向けには、不動産業の開業に伴う許認可申請や不動産売買仲介の際の重要事項説明書の作成代行、その他不動産業者が抱える個別案件について助言などを行っています。

 また一般のエンドユーザーの方々に対しては、不動産の売買に関するアドバイスや取引が安全かつ円滑に進むためのサポート、さらに不動産に関する相続問題にも細かく対処しています。

 一言でいえば「不動産問題に詳しい行政書士」として、多くの相談に乗らせていただいています。

― 御社がこれまで顧客に支持されてきた強みの部分は何でしょうか。

 不動産登記や鑑定評価に関する実務経験などから、不動産に関して幅広い見地があることですが、特に法的思考力も駆使して不動産の問題解決に対処できることだと思います。

 ふつう不動産コンサルタントと呼ばれている方たちは、不動産の資産運用や有効活用、また税金対策などアセットマネジメントの側面からアドバイスすることが多いのですが、その半面、法的思考力までは持ち合わせていない方が多いのではないかと思うのです。このため、当該思考力を抜きに解決はできない問題が生じた際にはうまく対処できないことがあるのかもしれません。

 前者の資産管理の面と後者の法律的な切り口の双方で細かく対応できるコンサルタントは少なく、それが私の場合は対応が可能になる場合が少なくない、という強みがあると自負しています。

― 不動産の問題解決にはどのような法律知識が必要になることが多いのですか。

 宅建業法をはじめとする行政法規や民法、消費者契約法など多岐におよぶ法律の知識が必要になります。個々の問題に対して、適用になるのはどの法律かを常に意識して的確に対処することが不可欠であり、同時に目の前のトラブルだけでなく、次に起こり得る問題を想定しながら解決に取り組むことが必要です。

 その際に法的な知識・思考力がなければ適切なリスクヘッジを行うことができず、特に取引が絡む場合には常に危険がつきまといます。適切で安全な取引を行うには、そうしたノウハウが欠かせないのです。

 また投資用不動産を購入する場合には、当然ながらキャッシュフローだけでなく、リスク管理等法的側面にも目を向けなければいけません。弁護士をセカンドオピニオンとして頼る方もおられますが、不動産の知識が豊富な弁護士はそう多くなく、肩書よりも私のほうを頼ってくださる法人や個人の方も多くおられますね。

 不動産は重要な財産であり、特に取引ともなれば一般の方にとって一生に一度あるかないかです。1つ間違うと取り返しのつかない大きな損失につながりますから、多少の報酬を払ってでも専門的な知識に長けたスペシャリストに意見を求め、正しく冷静な対応を取っていただきたいと思います。

著名経営者

  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • 澤田ホールディングス株式会社

    澤田 秀雄
  • 株式会社壱番屋

    宗次 德二
  • テンプスタッフ株式会社

    篠原 欣子
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志

プロフィール

  • お名前山地 正朗
  • お名前(ふりがな)やまじ まさあき
  • 出身神奈川県
  • 座右の銘人間万事塞翁が馬
  • 好きなミュージシャンアリス
  • 過去に戻れるならいつ?1970年代