ニッポンの社長

ニッポンの社長 > LEC Network Engineering株式会社 代表取締役 紺乃 一郎

LEC Network Engineering株式会社 代表取締役 紺乃 一郎

エンジニア一人ひとりの念いに応える仕事で業界に貢献したい

全国のコンビニATMや銀行支店ネットワークなどの金融インフラを広く支える技術力をバックボーンに設立されたLEC Network Engineering。同社の代表であり、キャリア豊富なプロジェクトマネージャーでもある紺乃氏の事業理念は明快だ。目指すは、「エンジニアのエンジニアによるエンジニアのための企業」。エンジニアとのコミュニケーションを重視する姿勢を大切にし、彼らが最も力を発揮できる環境の整備を一番に考える同氏の経営マインドを聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 企業ネットワークの設計・構築・運用を担うシステムインテグレーターです。SES(システムエンジニアリングサービス)といわれる常駐型支援を中心に、チーム型ファンクションアウトソーシングなどのノウハウを生かし、金融ネットワーク構築、特にWANに特化したネットワークに強みを持っています。

 私自身、大手外資系通信企業、大手国内Sierで長年にわたってプロジェクトマネージャーとしてのキャリアを積んできました。金融をはじめとした企業ネットワーク構築に関わる全てのフェーズにおいて、自社のエンジニアが幅広く活躍してくれています。

― 事業の特徴や強みはどのような点にありますか。

 金融ドメインを中心に、製造・流通・公共などの多業種にシステムを提供していますが、特に銀行支店ネットワークや大規模コンビニATMネットワークなどの大規模構築展開に強みがあり、2万拠点を超える展開・運用経験があります。

 たとえばコンビニのATMは今どこにでもありますが、私がプロジェクトマネージャーとして最初にネットワークの構築を担当したのは2001年で、まさに黎明期でした。

 当時から、十数年にわたってコンビニATMのインフラを支えてきた技術力は一番の強みであり、大規模ネットワークにおける様々なフェーズに対応できるノウハウがあります。現在、コンビニATMは全国で2万数千台になりますが、その規模のインフラを構築・運用するノウハウを持ちえる企業はそう多くはないと言えるでしょう。

 コンビニのほかにも、銀行系消費者金融のネットワークなど、大規模金融系の勘定系ネットワークにも大きな強みをもっています。

― 紺乃社長がIT業界に参入した経緯を教えてください。

 2001年にこの業界に入りましたが、もともといずれは企業経営をしたいという気持ちは20歳の頃からありました。経営書を収集して読むなど、ずっと地道に勉強していましたね。

 仕事をするうえでも、何をどうすれば事業になるのかという視点で、周囲の人やモノを経営と結び付けて見る習慣がついていました。

 20代前半の頃、物流関係の企業で仕事をしていた時に、自分のステージを一段高いところに上げてくれる、貴人との出逢いがありました。その方が、大手外資系通信企業の日本法人の部長で、私をプロジェクトマネージャー(PM)としてスカウトしてくれたんです。

 ちょうど1998~99年頃から国内の企業ネットワーク構築が普及期に入り、人材が足りないという状況がありました。ただ、私はまったくITの経験などありません。「紺乃だったら経験なくてもできるんじゃないか?」と、その部長に根拠も裏付けもなく言われ(笑)、右も左も分からないネットワーキング業界に入ったのです。

著名経営者

  • 楽天株式会社

    三木谷 浩史
  • 株式会社ガリバーインターナショナル

    羽鳥 兼市
  • SBIホールディングス株式会社

    北尾 吉孝
  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛
  • 株式会社大戸屋

    三森 久実
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘

プロフィール

  • お名前紺乃 一郎
  • お名前(ふりがな)こんの いちろう
  • 出身宮城県仙台市
  • 身長178cm
  • 血液型A型
  • 趣味仕事、ドライブ、旅行
  • おススメ本孫子、ナポレオン言行録
  • 尊敬する経営者松下幸之助
  • 好きな言葉自由、使命
  • 好きな作家司馬遼太郎
  • もし生まれ変わったら?自分でありたい
  • 好きな漢字一文字