ニッポンの社長

ニッポンの社長 > MOCAL株式会社 代表取締役社長 今野 賢二

MOCAL株式会社 代表取締役社長 今野 賢二

歯科経営の第一線で磨くビジネススキルが新たな成長を切り拓く

全国に約7万件の歯科医院があると言われ、いまやコンビニよりも多いという。必然的に競争が激しくなるなかで、各クリニックの経営努力の必要性はいっそう増している。言い換えれば、集患や人材育成などの経営施策を効果的に実施できないクリニックは、今後の激戦市場を生き抜けないともいえる。MOCAL株式会社は、「Mr.歯科事務長」というマネジメント人材のアウトソーシングによって、医院の経営力を上げるサービスを行う注目の企業。歯科医院のゼネラルマネージャーともいうべき「Mr.歯科事務長」の人材サービスについて、今野代表に聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 歯科業界初のアウトソーシング事務長サービスである「Mr.歯科事務長」によって、歯科医院の経営実務をサポートする事業をおもに行っています。

 現在、歯科業界は過当競争の時代に入り、国による医療費の抑制もあって経営環境は厳しさを増しています。クリニックをひとつの事業体と捉えた経営努力がなければ淘汰されてしまう時代となっているのです。

 ところが歯科医院は院長自身が診療も経営実務も担う労働集約型のビジネスモデルであり、経営に必要なマーケティングや院内のマネジメントもすべて院長がやらざるを得ない状況が多くあります。しかも、院長は医療のプロではあるものの、経営実務については学校や勤務医時代に学ぶ機会が少なく、苦手意識をもつ方も多くいます。

 また院内に経営実務を担うスタッフを雇い入れようにも、求める人材に見合った処遇を提示することや、経営スタッフの育成ができるだけのノウハウがある医院は多くありません。

 そうした課題解決のために当社で提供しているのが、企業のマネージャークラスのノウハウを歯科事務長としてアウトソーシングで活用できる「Mr.歯科事務長」というサービスです。週に1日から2日といった頻度で現場に人材を提供し、経営実務を担います。

― 「Mr.歯科事務長」はどのような業務を担うのですか。

 クリニックにおける集患のためのマーケティングや組織マネジメント、人事・労務面の仕事のほか、経理や財務といった総務的な業務を担います。歯科医院が提供するのは医療サービスですが、一方で一般企業と同じような経営実務が多岐にわたって存在します。経営者である院長の右腕となって、歯科医院の経営体としての実務を行うのが「Mr.歯科事務長」の役割なのです。たとえるなら、一般企業における「ゼネラルマネージャー」の職務と言えると思います。

― 具体的な仕事の中身を教えてください。

 「Mr.歯科事務長」はアウトソーシングの位置づけで、ひとりで複数医院を担当して院長をサポートしていきます。集患に向けたホームページコンテンツの企画やPR戦略の提案といったマーケティング業務や、院内の仕事の配分や進捗の管理などの組織マネジメント、そして人材採用・労務管理に関する業務も行います。総務秘書的な業務のほか、院長の参謀としての経営戦略サポートも重要な役割となります。

 また、昨今の歯科医療では「予防」へのニーズが高まっており、そのニーズに応えるために院内では歯科衛生士などの女性スタッフを数多く雇用しています。企業経験の少ない女性スタッフへの診療現場での人材マネジメントも期待される業務のひとつになっています。

 つまり「Mr.歯科事務長」は、経営者である院長がなんでも相談できる心強いパートナーであり、思いや戦略を具現化する実務者といえます。さらに、客観的な第三者としてクリニックを評価するアドバイザー役や院長とスタッフのコミュニケーションをサポートする潤滑油でもあるのです。クリニックの収益性を高め、安定した業績を残すための実務を担うゼネラルマネージャーとして、経営の屋台骨を支える院長の右腕としての貢献が期待されているのです。

著名経営者

  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • エン・ジャパン株式会社

    越智 通勝
  • 株式会社ドリームインキュベータ

    堀 紘一
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 日本食研ホールディングス株式会社

    大沢 一彦
  • 株式会社ディー・エヌ・エー

    南場 智子

プロフィール

  • お名前今野 賢二
  • お名前(ふりがな)こんの けんじ
  • 出身岩手県奥州市
  • おススメ本司馬遼太郎・渡部昇一著作
  • 尊敬する経営者松下幸之助・一倉定
  • 尊敬する歴史上の人物黒田如水・諸葛亮孔明・張良
  • 好きな作曲家マーラー
  • 好きな歌(曲)交響曲第2番「復活」