ニッポンの社長

ニッポンの社長 > MOCAL株式会社 代表取締役社長 今野 賢二

― 今野さんの起業の経緯を教えてください。

 私は25年以上営業職として歯科業界にかかわり、前職では歯科医院経営システムのコンサルティング営業に従事して、多くの院長やドクター、歯科衛生士と接してきました。やがて、この仕事を通じて、歯科医院に共通する経営課題が次第に見えてきたのです。

 そこで感じたのが、院長の右腕になれるようなゼネラルマネージャー、経営実務を代行できる中間管理職の必要性だったのです。この人材の不足が、成長を目指す歯科医院のボトルネックになっている現実が見えたことが起業のきっかけになりました。

 フルタイムでの雇用が難しいのなら、週に1~2日のアウトソーシングでの人材提供であればニーズも満たせるのではないか。そう考えて複数の院長に実際にヒアリングを行ったところ、「そうしたサービスがあればぜひ利用したい」という多くの声が寄せられました。そして2010年にMOCAL株式会社を立ち上げた後、「Mr.歯科事務長」のサービスをスタートしたのです。

― 歯科業界に携わることの意義はなんでしょう。

 社会貢献度の高い仕事だと言えるでしょう。超高齢化社会を迎え、健康寿命の延長とともに生涯現役社会の実現が求められています。そこに、歯科の領域は非常に密接なかかわりがあるのです。元気な歯を保つことで食事の楽しみを失わず、咀嚼が脳にも良い影響を与えることで老化の防止につながるからです。

 健康な身体づくりのためには、歯の予防的ケアや高度な歯科治療技術がいっそう求められる時代になってきたわけです。そのためにも歯科医院が安定した経営を続けることは重要で、国民の健康促進という社会的な意義を私たちのビジネスは担っていると感じています。

 また歯科医院の経営が効率化されて労働生産性が上がることでスタッフの就業時間が短縮され、歯科衛生士や助手など現場の主力である女性が働きやすくなります。出産後も子育てをしながら働ける環境の整備にも貢献できると思います。

― 今後のビジョンを教えてください。

 歯科医院のゼネラルマネージャーとして活躍できる方々を広く募集し、地方のパートナー企業を拠点にしながら全国の歯科医院のサポートを実現していきたいと思います。

 また同時に、歯科受付や秘書など、ほかの職種も含めてワンストップで、歯科医院経営のサポートをできるよう業務の拡充をしていきたいと考えています。

 さらに、当社では、経営成功にとって「院長自身の経営スキルの向上」が重要だと考え、経営思想と実務に関する出版事業にも力を入れています。人材アウトソーシングと出版事業によって、日本の医療業界を合理的で生産性が高く、良い環境に変えるために貢献していきたいですね。

■ 今野 賢二 (こんの けんじ)

1972年、岩手県生まれ。歯科業界歴28年。歯科医院向けのソフト開発・販売のベンチャー企業でマーケティングや営業マネージャーとして販売の仕組みづくりの中心的役割を担い、トップブランド構築に貢献する。その過程で歯科医院に共通するボトルネックに気づき、課題解決のための人材アウトソーシングサービス「Mr.歯科事務長」を発案。2010年に株式会社MOCALを起業し、同サービスをスタートした。その他、システム開発やプロモーション、コンサルティング、セミナーなどを歯科業界に提供し、さらなる成長を目指している。

この企業の関連ページを見る

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。
イシン株式会社

著名経営者

  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • エン・ジャパン株式会社

    越智 通勝
  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • 株式会社セプテーニ・ホールディングス

    七村 守

プロフィール

  • お名前今野 賢二
  • お名前(ふりがな)こんの けんじ
  • 出身岩手県奥州市
  • おススメ本司馬遼太郎・渡部昇一著作
  • 尊敬する経営者松下幸之助・一倉定
  • 尊敬する歴史上の人物黒田如水・諸葛亮孔明・張良
  • 好きな作曲家マーラー
  • 好きな歌(曲)交響曲第2番「復活」