ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社Kスタジオ 代表取締役 荒牧 佳代

株式会社Kスタジオ 代表取締役 荒牧 佳代

「恋愛科学」と「医療」で人間社会の悩みの鎖を解く

いま恋愛離れが進んでいるという。恋愛そのものに関心がなくなったのか、それとも恋愛に対して臆病なだけなのか。いまの若い世代が映し出す意識の変化の背景には何があるのか、その答えに「恋愛科学」という独自のロジックで切り込んでいく注目のカウンセラーがいる。携帯の悩み相談コンテンツで支持を集め、ネット界の数あるサイトを一躍人気メディアに押し上げた荒牧氏の「恋愛科学」とは。あらゆる人間行動に通じる医療を絡めた独自の理論について聞いた。

― 御社の事業内容を教えてください。

 主に恋愛関連のコンテンツを企画監修し、コラムやカウンセリング、診断テストなどを、docomo、au、Softbankの公式3キャリアの携帯とスマートフォンサイト、アプリ、さらにインターネット上の総合ポータルサイトやコンテンツサイトに提供しています。ネット系以外では、クライアントさまからご依頼いただいた企画や弊社独自の企画を恋愛講座やトークショーなどのイベントとして開催させていただいております。

 コンテンツや講座の基になる「恋愛科学」とは、人間の心やカラダの成り立ち、人が生き抜く力や感情力、表現力、共鳴力などの素晴らしさをお伝えできるロジックです。このロジックは、健全な恋愛育成や少子化、高齢化問題までをクローズアップさせることができます。ベースとして人間行動学や人類学、生物学や動物学、さらに医学を位置づけ、自らの体験を加味して確立しています。

― 起業につながった経緯を教えてください。

 2001年に芸能編集プロダクションに入社後、So-net公式Webサイトである「恋愛科学研究所」にて恋愛科学カウンセラーの活動を開始しました。その後、2003年に開設した公式3キャリアの携帯サイト「究極の恋愛学」が一気に230万アクセスを獲得するトップサイトに成長します。その中でも長年アクセス数トップ1位を獲得している「SOSお悩み相談コーナー」は不動の人気で、現在まで毎日更新されております。私から回答する文章の中には、相手の気持ちを汲み取る言葉や解決に導くアドバイスが込められており、簡潔明瞭かつ丁寧に悩みをひも解き、答えをお伝えする独自の手法がカウンセラーとしての評価につながったようです。その後、他サイトで開設したお悩みコーナーも瞬く間にトップアクセスの人気を得、カウンセリングのデータは今や数千にも上ります。

 そんなカウンセリングの他にWeb運営とデザイナーを兼ねたスタッフ業を続けるうち、独自のテイストをコンテンツとして確立できる場が欲しいと考えるようになりました。そして7年間の九州と東京を通い続けたスタッフ期間を経て2007年に九州より単身上京し、2008年4月に独立。翌年、初代からの任命により「恋愛科学研究所」を引き継ぎ、所長に就任しました。よって、弊社では恋愛科学の他にWebデザイナーやフォトグラファーとして人間の魅力を作品に活かし、ご提供できる特徴もあります。

― 経営者となって最初に考えたことは何でしたか?

 芸術系短大の出身だった私は、独立したからには経営者として経営学や経営心理学、マーケティングについて学ぶことが急務と考え、起業した翌年2009年4月に社会人大学生として昼間会社から通える東京成徳大学経営学部に入学しました。2010年目黒の雅叙園で開かれたビジネスコンテストで婚活支援のビジネス提案で準優勝するなど大学生活は大変有意義なものでしたが、もともと激務だった上、突然抜擢された所長としての仕事が次第に忙しくなり、昼の勉学との両立が困窮して来たのです。教授陣にもとめられ、惜しんで頂けましたが、わずか1年でやむなく自主退学。短い期間でしたが、得た学びは非常に大きなものでした。

― 医療アナリストとしての活動も展開しておられますが、その理由は?

 医療アナリストとしての活動は、1990年に結婚と同時に動物病院を開業した獣医師の夫のもとで開業医の妻やスタッフとして約20年従事し続けたことがキッカケとなりました。途中から「恋愛科学」の業務と並行し始めましたので、恋愛の発生のシステムと同時に医療現場で命を尊重し、世に貢献することが如何に尊く大切なことかを学んだのです。また、恋愛科学研究所の先代が整形外科医であることが更なる医療への追及となり、2009年に日本を代表する整形外科医の大久保俊彦先生との出会いにより日本の医療の現状や問題点にも着目するようになりました。

 医学は人間という生き物が存在する限り、人から人へと後世に確実に伝わり、未来永劫なくなることはない領域です。そして、恋愛科学と医療は密接なつながりがあります。恋愛科学としての活動は主に、10代後半~40代と最高50代の方々までを対象とし、医療アナリストとしての活動は、0歳の新生児から10代前半頃までの義務教育が必要な児童や生徒と60代以上の高齢者の方々を対象にしています。今後の日本社会は少子化や超高齢化の加速によって医療の有無が重要な課題となり、その超高齢化社会を支える現役の方々への医療からの支えも急務になります。恋愛科学的観点と医療的観点の2つの観点を問題解決に活かし、全ての世代に向けてソリューションを確立したいと考えています。

著名経営者

  • 株式会社ニトリホールディングス

    似鳥 昭雄
  • 株式会社ネクスト

    井上 高志
  • 株式会社ドリームインキュベータ

    堀 紘一
  • 株式会社スタジオジブリ

    鈴木 敏夫
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 澤田ホールディングス株式会社

    澤田 秀雄

プロフィール

  • お名前荒牧 佳代
  • お名前(ふりがな)あらまき かよ
  • 出身大分県
  • 身長158cm
  • 平均睡眠時間6時間
  • 両親の職業父親が一級建築士
  • 座右の銘過去は自分を活かすため、未来は自分を成長させるため、現在は自分を見つめ見つけるためにある
  • 尊敬する人己以外皆我が師
  • 尊敬する歴史上の人物マザー・テレサ
  • 好きな食べ物ヨーグルト
  • 好きな俳優ブラッド・ピット
  • 好きな女優モニカ・ベルッチ