ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 有限会社Sleepeace 代表 三橋 美穂

有限会社Sleepeace 代表 三橋 美穂

人生は睡眠から始まる! 新しい眠りの意識が世界を変える

人は“眠る”ことで生きている。眠ることは誰もが共通して行う、生きるための大切な活動である。そして同じ睡眠でも、捉え方や考え方次第で、自分の人生が大きく変わる可能性があるとしたら、どうだろうか。日本初の“快眠セラピスト”として活躍する三橋氏は、“身体を休めること”だけではない“眠りの本質”について説き、「その理解が世界を変えることにもつながる」と提唱する。いま睡眠のスペシャリストとして注目を集める同氏が唱える、新たな価値について聞いた。

― 現在の仕事内容を教えてください。

 全国での講演活動や、書籍やコラムの執筆、睡眠に関する個人相談を行うほか、睡眠関連製品のメーカー向けに商品開発などのコンサルティング、ホテルや旅館の客室コーディネートなども行っています。

 そして最近は、企業向けのセミナーにも力を入れています。睡眠を通して社員の方々の健康増進を図るための取り組みや、睡眠不足を改善して仕事の生産性を高めるためのセミナーを積極的に行っています。

― いま社会において睡眠の悩みは増えてきているのでしょうか。

 「不眠に悩まされている人は4~5人に1人」と言われ、最近は特に増えていると感じます。「睡眠障害を放っておくと、やがてうつ病になりやすい」ことも分かっていて、企業のメンタルヘルスの側面からも、社員の不眠の解消に努めることが経営課題として重視されるようになりつつあります。

 また、「睡眠不足による日本の経済損失は3.5兆円」と試算されており、企業が抱えるリスクマネジメントの要因として注視されるようになってきました。「大きな産業事故の多くは作業員の睡眠不足が一因である」と報告されており、米国などでは“スリープマネジメント”という言葉が使われるようになりました。

 このように、企業において睡眠のマネジメントは、安全と生産性を高めるための重要なファクターなのです。睡眠は質と量の両方が大事であり、日中の眠気には睡眠の質の悪さか、時間の不足のいずれかが影響しています。経営者は不健全な睡眠が社員の健康を損なうことを知り、積極的な対策をすることが業績を左右するのだということを認識すべきでしょうね。

― なぜ、いま企業人に睡眠の問題が多いのでしょうか。

 大きな要因はストレスの増加でしょう。人は生活の中で緊張感や不安感を抱えると、眠れなくなります。漠然とした将来の不安にさいなまれる現代では、不眠の要素がおのずと増えているわけです。

 また生活の不規則さも要因の1つです。いわゆる体内時計が狂ってしまい、眠りたい時間に眠れずに、眠るべきでない時間に眠くなる。海外に行った時に起こる時差ボケの感覚が、日常的に起こっている人が増えているんです。これは“ソーシャルジェットラグ”と呼ばれ、体の不調をきたす要因の一つとして近年憂慮されています。

 また、睡眠不足症候群という問題も増えています。慢性的な睡眠不足に陥っているにも関わらず、その自覚がないという状態で、漫然とした体調不良が続くもの。いつでもどこでも眠れる人は要注意です。この不調は、単に睡眠時間を伸ばすだけで改善されるので、それに気づくことが大切です。
正しい睡眠の知識をもち、睡眠に対する考え方を新たにすることで、健康的な日常生活や、仕事における能率の向上につなげてほしいと考えているのです。

著名経営者

  • 伊那食品工業株式会社

    塚越 寛
  • 株式会社セプテーニ・ホールディングス

    七村 守
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸
  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    小笹 芳央
  • 株式会社壱番屋

    宗次 德二
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿

プロフィール

  • お名前三橋 美穂
  • お名前(ふりがな)みはし みほ
  • 会社有限会社Sleepeace(スリーピース)
  • 業種サービスその他 (医療・福祉、コンサル、飲食、エンターテイメント、その他)
  • 出身愛知県岡崎市
  • 平均睡眠時間7時間
  • おススメ本ニュー・アース
  • 今までに訪れた国15ヵ国
  • 座右の銘すべて完璧
  • 尊敬する人フランシスコ・ローマ法王
  • 好きな食べ物母手づくりの鰯のつみれ
  • 休日の過ごし方掃除とガーデニング
  • 好きなお花水仙
  • 好きな漢字一文字
  • 飼ってるペット猫2匹