経営の原理原則を貫くニッポンの社長たち

ニッポンの社長 > インタビュー > 世の中に独自の価値を提供する社長

特集

  • 子どもの未来を応援するニッポンの大人たち

フリーワード検索

  • ベンチャー通信Online
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

世の中に独自の価値を提供する社長

  • 完全個人レッスンで子どもたちの「考える力」を育てたい

    志村坂上総合音楽センター 代表 村島 かをる

    子どもの習い事に親のほうが一生懸命になり過ぎて、子どもが本来楽しいはずの趣味や学びが、次第に苦痛に変わっていく…。そんな現状に警鐘を鳴らす音楽教室がある。幼少時からの個人レッスンにこだわり、子どもが自分で音楽を楽しめるように指導を行う志村坂上総合音楽センター。まだピアノが一般…
    続きを読む

  • 5,000億円企業、ヤオハンの倒産から学んだこと

    株式会社和田総研 代表取締役会長 和田 一夫

    1997年9月18日、流通企業として当時最大の倒産が起きた。ピーク時に年商5,000億円を誇っていたヤオハングループの倒産だ。負債総額は約1,600億円。同グループが展開していた世界16ヵ国、450の店舗は整理・売却され、グループ会長の和田一夫氏も経営の座を降りることになった…
    続きを読む

  • 歯科医師の「想い」を見える化したデザイン・設計を行う

    歯科デザイン研究所(有限会社コトリ) 所長 田中 宏典

    コンビニエンスストアの数に比べ、その1.7倍も存在するという歯科医院。医院の運営を継続するためには「新規の患者を獲得し、再訪してもらうこと」が重要だ。そこで、建築設計デザインを行う有限会社コトリ代表の田中氏は、歯科デザイン研究所を設立。歯科医師の「想いを見える化する」デザイン…
    続きを読む

  • 作品自体の魅力を伝える韓国ドラマ本格輸入のパイオニア

    株式会社コンテンツセブン 代表取締役社長 成 七龍

    韓国ドラマを初めて本格的に日本に紹介し、韓流ブームの火付け役となったコンテンツセブン。パイオニアの立場を活かし、版権獲得競争でも優位性を発揮する。いまやブームを過ぎ、コアなファン層に支えられてエンターテインメント市場に定着した韓流。なぜ同社はそのパイオニアになりえたのか。作品…
    続きを読む

  • ガーデニングの癒し効果で障がい者の心と体を元気にする

    株式会社ナチュラルライフサポート 代表取締役 古里 靖

    障害者総合支援法の拡充などで、企業による障がい者の雇用も進んできたように見えるが、実際には理想からはほど遠い。何より求められているのは、制度面の整備よりも、日本社会の一人ひとりの意識の変容なのかもしれない。ナチュラルライフサポート代表の古里氏は、福祉サービス事業所の運営を通じ…
    続きを読む