ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社エイミングポイント 代表取締役 松原 弘之

― SESに関しての特徴も教えてください。

 企業とエンジニア、双方のニーズを理解し現場に即した人材を提供することが可能な点です。以前はSES=専門性のみが重視されていましたが、最近ではネットワーク、データベース、アプリケーションなどレイヤーを問わず、幅広く対応できるエンジニアも求められています。また技術目線だけでなく、お客さま目線でプロジェクトに携われる人間力も重視されてきており、適した人材を提供することは実は容易ではないのです。しかし、当社では私自身がPMOとして現場の上流からプロジェクトに参画しているからこそ、企業側のニーズ、そこに必要な人材要件を把握することができ、最適なエンジニアをアサインすることが可能なのです。

 その基盤として、当社はパートナー企業、フリーランスとの強固なネットワークをつくり、時代に即した、より実践的なSESを提供する体制を整えています。

― PMOのサービスを提供する際、もっとも重視することはなんでしょうか。

 繰り返しになりますが「お客さま目線」です。ITはコンピューター技術が中心の業界とはいえ、主役はあくまでも人。お客さまのビジネス目標に対して、満たすための適切なプロセスを企画し、それを実践する人間同士のコミュニケーションが嚙み合ってはじめて、プロジェクトはスピーディーかつスムーズに進んでいきます。PMと各ステークホルダーの意思疎通、またステークホルダー間の調整など、他人の立場に立った思いやり、誰かのためになにかを成し遂げたいという奉仕の精神、強く明確な意思をもった人間像、会社像を意識すること。そのうえで、プロジェクト管理に偏った推進ではなく、技術的スキルをバックボーンとした提案、ベンダー間の軌道修正も行いながら、主体的なプロジェクト推進を行っていきます。立場的にはクライアントからの業務委託ですが、その会社の一員という意識をもちながら、課題解決、リスク管理、さらにファシリテートも含めた支援を行います。

― そうした意識をもつきっかけはどこにあったのでしょうか。

 私自身のキャリアによる部分が大きいと思います。実は大学も、新卒で入った会社もITには縁がなく、ソフト開発を行う会社に転職したところからキャリアは始まります。アプリケーション開発を行うプログラマーからSEへ。当初はプログラムが中心でしたが、専門性を高めるために注力したのがデータベースの分野です。会社に所属しながら、後にフリーランスとして、業界は限定せずにさまざまなプロジェクトに携わってきました。例をあげると、BtoCの事業会社から銀行、物流、官公庁など。データベース構築は業界を限定されないのと、どの業界に行っても、インフラやアプリケーションを束ねるハブとして推進していた経験が、PMOとしてサービスを提供する基盤になったと思います。

― PMOとしてのキャリアについても聞かせてください。

 以前、銀行系のシンクタンクに入っていたことがあります。そこではエンジニア目線でベンダーとやりとりする一方、現場担当の社員の代わりにマネジメントレベルの社員とやりとりすることが多く、自然に、マネジメント視点も交えたプロジェクト推進をまかされるようになりました。アプリケーション、インフラ、データベースとITプロジェクトの場数は踏んでいたので、実戦的なアドバイスはできました。一方で当時はそれほど意識していませんでしたが、いま振り返ると、全体整合を意識したPMOとしての振る舞いは、そのシンクタンクの現場で自信を得たものです。

著名経営者

  • 株式会社ワークスアプリケーションズ

    牧野 正幸
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明
  • 株式会社堀場製作所

    堀場 雅夫
  • 株式会社アルビレックス新潟

    池田 弘
  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男

プロフィール

  • お名前松原 弘之
  • お名前(ふりがな)まつばら ひろゆき
  • 出身神奈川県
  • 身長180cm
  • 趣味アメフト観戦、食レポ
  • 座右の銘一期一会
  • 好きなスポーツアメリカンフットボール
  • 休日の過ごし方妻、子ども、犬と家で過ごす
  • 好きなお酒の銘柄金宮
  • 好きな漢字一文字
  • 出身校法政大学
  • 飼ってるペット犬(ラブラドールレトリーバー)