ニッポンの社長

ニッポンの社長 > 株式会社アルビレックス新潟 取締役会長 池田 弘 

※下記はベンチャー通信28号(2007年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

【インタビュー中編】日本最大級の学校法人グループを築き上げる

― 池田さんが最初に手がけたのが教育事業だそうですね。教育事業を始めた経緯を教えてください。

 高校卒業後、私は國學院大學で神職を学びながら、事業を起こすなら教育分野にしようと決めていました。私は新潟を活性化させるためには、教育の充実が大事だと思ったんです。質の高い教育を施す場をつくり、若い人を新潟に留めたいと思いました。それに教育事業は神主がやる事業としてふさわしいと思ったんです。もともと神社は地域の教育機関の役割も担っていました。たとえば寺子屋などが良い例です。

 そして神社の境内に校舎を建設して、学習塾やカルチャースクール、語学学校、国家試験の受験塾などを始めました。その後、専門学校を次々に開校していき、いまでは大学、高校、専門学校など合わせて30校、1万2000人もの生徒を擁する学校法人グループにまで成長することができました。

― 教育事業が成功した理由は何だったのでしょうか。

 一つは生徒の面倒を徹底的にみて、中退者を出さないようにしたことです。もう一つは東京を意識するのではなく、世界を意識するようにしたことです。東京の学校を目標にしていては東京以上のものはつくれないと思いました。だから世界ナンバーワンと言われる海外の学校と提携していきました。

― アルビレックス新潟の社長に就任した経緯を教えてください。

 1992年、新潟県は日韓共催のワールドカップの開催地に立候補しました。しかしワールドカップを招致するには、新潟にJリーグのチームをつくらなければいけなかった。そこで急遽、地元のサッカーチームをプロ化することが決まり、その経営者として私に白羽の矢が立ったわけです。

― はじめはガラガラだった観客席が、ついに超満員になったそうですね。

 そのころの新潟には、まだスポーツ観戦にお金を払う習慣がありませんでした。またサッカーというスポーツへの理解も乏しかった。ですから、まずはスタジアムに足を運んでもらうことが先決だと考え、採算を度外視して無料招待券を大量に配布したんです。その結果、4万3000人収容できるスタジアムがほぼ満員になりました。その光景は壮観でしたね。

 スタジアムが満員になると、一体感があってシビレルくらい興奮する。きっとスタジアムに足を運んだ人たちも、超満員のスタジアムで新潟の地域愛を再確認できたんじゃないでしょうか。それ以降、無料招待券の配布を減らしても、スタジアムはチームカラーのオレンジで常に埋め尽くされるようになりました。

著名経営者

  • ヤマト運輸株式会社

    小倉 昌男
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • 株式会社ホリプロ

    堀 威夫
  • エステー株式会社

    鈴木 喬
  • 株式会社ファンケル

    池森 賢二
  • GMOインターネット株式会社

    熊谷 正寿

プロフィール

  • お名前池田 弘
  • お名前(ふりがな)いけだ ひろむ
  • 出身新潟県
  • 身長176cm
  • 体重82kg
  • 平均睡眠時間5時間
  • 平均起床時間7時
  • 趣味チャレンジすること
  • おススメ本古事記
  • 購読雑誌『日経ビジネス』他5誌
  • 家族妻と1男2女
  • 今までに訪れた国50ヵ国
  • 座右の銘感謝の心で誠を尽くす
  • 好きな食べ物
  • 嫌いな食べ物カニ
  • 今日の財布の中身10万円
  • 乗っている車アルファード