ニッポンの社長

ニッポンの社長 > インタビュー > 理念・ビジョンを大切にする社長 > 株式会社オールスマート 代表取締役 吉峰 和寿

― そのような人材を育てるための具体的な取り組みはありますか。

 昨年から、社員に対する外部講師による研修を始めていて、ビジネスマナーやコミュニケーション術、チームビルディングやセルフマネジメント、リーダー研修などの項目を組み合わせながら個々のスキルアップにつなげる取り組みを行っています。

 従来の中堅・ベテランのほかに、若くて新しいエンジニアが増えてくると、やはり社会人として、人としての基本的な素養の部分から教えていく必要があります。お客さまに向けての「特別化」を深めるためにも、土台となるビジネススキルの部分は欠かせませんから、そこに注力した取り組みを始めることにしました。

 また、研修を始めたもうひとつの理由は、どのシステム会社にも負けないようなレベルまで、社員個々の人材力を高めたいということです。

 会社の社長の役割は、従業員の雇用を守ることがもちろん重要ですが、一方で経済状況が悪くなると、立ち行かなくなる会社だってあるわけです。

 そのときに、個々が価値の高い人材になっていれば、自分のスキルやパーソナリティでどの会社に行っても勝負することができます。社長の役割のひとつは、社員をそうした人材に育てていってあげることなのかな…という想いもありました。

 ITエンジニアとしての理念や技術の部分は、当社で確かなノウハウを蓄積してきたプロフェッショナルがいますから、いくらでも教えてあげられます。一方のビジネススキルとの両軸で磨きをかけ、どこでも通用する特別なエンジニアを育てていきたいんです。

― 吉峰さんが考える、エンジニアがもつべき価値や役割はなんでしょうか。

 自己満足で終わるのではなく、つねにお客さまに喜んでもらえる技術やサービスを提供できるITエンジニアであることが大前提です。

 そのためにも、エンジニア自身が自分の仕事を「楽しい」と思えることが大切だと考えています。

 私はITエンジニアの仕事とは、社会を動かすエンジンそのものじゃないかと思うんです。エンジニアとしての総合力を磨くことで新しいサービスを生み、社会の利便性を高めていく。それができるのが、エンジニアならではの仕事の楽しさなんですね。

 だから普段から「なにかを変える」「なにかを便利にする」「なにかの役に立つ」という感性を磨き続けてほしい。ふだんの生活をちょっと便利にするために、自分の技術をどう活かしたいか…それを考えることが、エンジニアの仕事のおもしろさだと思います。ほかでは得られない夢のある仕事の楽しさを、多くのITエンジニアに感じてほしいのです。

― それが、お客さまへの新たな価値の提供にもつながるということですか。

 そういうことです。エンジニアが「楽しい」と思える仕事を追求することが、お客さまに喜んでもらえる良質のサービスを提供できることにつながると考えています。

 お客さまを笑顔にしたい、というモチベーションの中で、自分たちが楽しく笑顔で仕事をする。それがエンジニアのやりがいであり、エンジニア自身の喜びなんですよ。

 だからこそ、彼らが笑顔で仕事のできる環境をつくってあげたい。それがお客さまへの最良のサービスにつながると考えて、私自身仕事をしたいといつも思っていますね。

著名経営者

  • 株式会社インテリジェンス

    鎌田 和彦
  • エン・ジャパン株式会社

    越智 通勝
  • 株式会社アシックス

    鬼塚 喜八郎
  • シダックス株式会社

    志太 勤
  • 株式会社ファーストリテイリング

    柳井 正
  • 株式会社ジャパネットたかた

    髙田 明

プロフィール

  • お名前吉峰 和寿
  • お名前(ふりがな)よしみね かずひさ
  • 出身鹿児島県
  • 身長170cm
  • 体重67kg
  • 血液型A型
  • 平均睡眠時間6時間
  • 平均起床時間7時
  • 趣味ゴルフ、読書
  • おススメ本小さなチーム、大きな仕事
  • 今までに訪れた国5ヵ国
  • 座右の銘鶏口牛後
  • 好きな食べ物パスタ
  • 嫌いな食べ物パクチー
  • 好きなスポーツサッカー
  • 今日の財布の中身12000円